サラティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サラティ
類型: アブギダ
言語: クウェンヤ
発明者: ルーミル
時期: V.Y. 1179-
子の文字体系: テングワール
Unicode範囲: 割り当てなし
ISO 15924 コード: Sara
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号(IPA)を含む場合があります。

サラティ (Sarati) はJ・R・R・トールキンによる架空文字。かれの神話のなかでは、ヴァリノールであるティリオンルーミルの発明である。のちに中つ国でも現実でも親しまれたフェアノールテングワールは、サラティを範に作られた。テングワールやほかのエルフの文字、キアスと違い、サラティの書字方向は複数あって、そのなかで上から下に書くものがもっとも普通だった。ほかには左から右へ、右から左へ、更には牛耕式 (ブストロフェドン) で書かれた。

のちのテングワールでは字が子音を表し、ダイアクリティカルマーク(テングワールに関する術語ではテフタと呼ばれる)が母音を表すが、サラティでは、母音記号は、縦書きのとき字の左側(ときに右側)に書かれ、横書きのとき上側(ときに下側)に書かれる。トールキンによれば、子音は母音より顕著であり、また母音はほぼ修飾だと考えられた。クウェンヤを書き表すとき、もっともつかわれる母音であるため“a”を示す記号はふつう省略された。これにより、サラティは“a”を随伴母音とするアブギダと呼べるかもしれない。