サラダドレッシング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サラダドレッシング: salad dressing)は、サラダにかける液状の調味料。ドレッシングと略される場合がある。粘性は高いものから低いものまで様々であり、をベースに、香辛料ハーブ等を加えて作られる。日本ではこのほか、醤油などが加えられることがある。

油脂を全く含まず、増粘多糖類でとろみをつけた、脂質を全く、あるいはほとんど含まない低カロリーのサラダドレッシング、ノンオイルドレッシングも販売されている。ただしノンオイルドレッシングはJAS規格上は「ドレッシングタイプ調味料」に分類される。

サラダ・ドレッシングの例[編集]

サラダドレッシングは、国・地域・各家庭・レストラン毎に味が異なるため、販売されているものの商品名称は「…風」を意味する言葉となる。

サウザンド・アイランド
マヨネーズケチャップをベースに、細かく刻んだ玉葱ピーマンなどの野菜ピクルスを加え、香辛料で風味を整える。日本では「サウザン(アイランド)」と呼ばれる場合がある。名称の由来には諸説ある。
イタリアン・ドレッシング
水、またはレモン汁、、塩、胡椒砂糖、刻んだ玉葱ピーマンニンニクオレガノフェンネルディルなどを混ぜ合わせたもの。色は黄色めで透明。これもアングロアメリカで生まれたドレッシングで、イタリア本国では見られない(イタリアではヴィネグレット風のドレッシングが一般的)。(→en:Italian dressing
フレンチ・ドレッシング
アングロアメリカの甘酸っぱいドレッシングで、プレーントマト風味のがある。フランスでサラダドレッシングとして用いられるヴィネグレットとは全く風味が異なる。
なお、フランス語にはドレッシングに該当する語は存在せず、種別ごとに呼称が存在する[1]ソース・ヴィネグレットベーコンソース、マヨネーズソース など。
和風ドレッシング
青じそ風味、醤油ごま味、わさび醤油味など日本独特の食材を使用して作られる(発明者日本人と推定される)。
中華風ドレッシング
ごま油などで甘辛く味付けされており、中華料理に合う(同上)。
ランチ・ドレッシング
アメリカ合衆国で見られるもの。サワークリームバターミルク発酵乳の一種)、マヨネーズなどにを混ぜ合わせ、刻みや香辛料を加えたもの。通常どろっとした濃度である。
ヴィネグレット
酢またはレモン汁などにサラダ油などを混ぜたものが基本であり、これにハーブその他の調味料を混ぜて変化をつけることもある。中東のサラダドレッシングはヴィネグレットと似ているが、ヨーロッパのヴィネグレットよりも油に対する酢やレモン汁の比率が高い。
ロシアンドレッシング
マヨネーズケチャップを混ぜてベースとし、ホースラディッシュチェリーペッパー英語版チャイブ香辛料を追加することが多い[2][3]

脚注[編集]

  1. ^ 宇田川政喜; 遠藤智子; 加藤綾子; 橋村弘美、日仏料理協会編、 『フランス 食の事典(普及版)』 株式会社白水社2007年、430頁。ISBN 978-4-560-09202-6 
  2. ^ Stewart, Frances Elizabeth (1920). Lessons in Cookery. 2. New York, New York (USA): Rand McNally & Company. p. 123. 
  3. ^ George, Mrs. Alexander (1941年4月24日). “Menus of the Day”. Lewiston Morning Tribune (Lewiston, Idaho, USA: Lewiston Morning Tribune): p. 3 

外部リンク[編集]