サラシナショウマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サラシナショウマ
Cimicifuga simplex1.jpg
サラシナショウマ
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperm
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
: キンポウゲ目 Ranunculales
: キンポウゲ科 Ranunculaceae
: サラシナショウマ属 Cimicifuga
: サラシナショウマ C. simplex
学名
Cimicifuga simplex
(DC.) Wormsk. ex Turcz.
シノニム

Actaea simplex

和名
サラシナショウマ(晒菜升麻、更科升麻)

サラシナショウマ(晒菜升麻、更科升麻、学名:Cimicifuga simplex (DC.) Wormsk. ex Turcz.)は、キンポウゲ科サラシナショウマ属多年草の植物。

名称[編集]

和名サラシナは、若芽を茹で水にさらして山菜として食したことに由来する[1][2]。別名が「ヤマショウマ」[1]

特徴[編集]

日本北海道本州四国九州の範囲と[3][2]中国北部に分布する。山地落葉樹林下や、草地に自生する[2][3]。半日陰地で、排水がよい肥沃(ひよく)な土地を好む[3]

多年生の草本で、背丈は40 - 150 センチメートル (cm) で[2]、茎は直立する[3]互生して、長い柄があり、2 - 3回3出複葉で、小葉は3 - 8 cmの卵形から楕円形、さらに2 - 3裂して、葉縁には目立つ不揃いの鋭い鋸歯がある[2][3]。葉には悪臭がある。

花期は夏から秋にかけて(8 - 10月頃)で、総状花序に長い花柄を出して、多数の白い小花が咲く[3][4]。花穂の長さは20 - 30 cmあり、ひとつひとつの花が細かいため白いブラシのように見える[2]には両性花と雄花がある[4]萼片は早く落ち、長い雄しべが目立つ[3]

果実袋果で、密集につき、1つの長さは1 cmほどのやや扁平で歪んだ楕円形をして、先端の横には花柱が突起状に残る[5]。果実は秋から初冬に熟して、袋果の上部か開裂して、中に3個ほどある種子を落とす[5]。種子は長さ3ミリメートル (mm) ほどの長楕円形で、周囲の面には水平に多数の翼は重なり合うように並んでつき、全体にも鱗片状の突起がある[5]

生薬[編集]

本種やその他同属植物の根茎升麻(ショウマ)という日本薬局方に収録された生薬で、地上部が枯れてから株を掘り上げて、茎やひげ根を取り除いた根茎を水洗いして、天日で乾燥させたものである[3]。升麻は、発汗解熱解毒、胃液・腸液の分泌を促して胃炎腸炎、消化不良に効果があるとされ、乙字湯升麻葛根湯補中益気湯立効散などの漢方処方に配剤されている[3]

民間では、1日量2グラムの升麻を煎じて、うがいに用いられる[3]

なお、本種に似たものや、混同されて生薬として用いられたものなど、幅広い植物にショウマの名が用いられている。これらについてはショウマ (植物の名)にまとめる。

種の保全状況評価[編集]

日本の各都道府県で、以下のレッドリストの指定を受けている[6]

近縁種[編集]

近縁種にイヌショウマオオバショウマなどがある。サラシナショウマは、花序が枝分かれせず基部で分岐し、花には柄があるという特徴があり、他種との見分けのポイントになっている[2]

関連画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 大川勝瀆德『伊吹山の植物』幻冬舎ルネッサンス、2009年10月20日。ISBN 9784779005299
  • 大嶋敏昭『花色でひける山野草の名前がわかる辞典』成美堂出版、2005年3月20日、134頁。ISBN 4-415-02979-5
  • 金丸勝実『鈴鹿・伊吹山』山と溪谷社〈花の山旅〉、2001年6月10日。ISBN 4635014134
  • 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文『増補改訂 草木の 種子と果実』誠文堂新光社〈ネイチャーウォッチングガイドブック〉、2018年9月20日、229頁。ISBN 978-4-416-51874-8
  • 馬場篤『薬草500種-栽培から効用まで』大貫茂(写真)、誠文堂新光社、1996年9月27日、56頁。ISBN 4-416-49618-4

関連項目[編集]

外部リンク[編集]