サラシア属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サラシア属
Salacia prinoides Blanco1.86b.png
分類
: 植物界
: 被子植物門
: 双子葉植物綱
亜綱 : バラ亜綱
: ニシキギ目
: ニシキギ科
: サラシア属
学名
Salacia

サラシア属:Salacia)は、ニシキギ科に属する植物の属である。

概要[編集]

サラシア属の植物はつる植物であり、スリランカやインド南部に自生する[1]

利用[編集]

サラシア属のいくつかの植物種が、特にインドにおけるアーユルヴェーダで何千年もの間で伝統的な治療で使用されてきた。根皮の化学成分には、サラシノール、コタラノール及びそれらの配糖体のようなポリフェノールが含まれている。スリランカ産やインド産のS. reticulata(コタラヒムブツ)やS. oblonga(サラシアマルメロ)、タイ産のS. chinensisにもα-グルコシダーゼ阻害作用などの活性が認められる[2]

[編集]

この属には次のような種が含まれる。

脚注[編集]

  1. ^ Salacia reticulataの卵アルブミン誘発I型アレルギー反応におけるマウス腹壁血管透過性亢進抑制作用、芳野 恭士はか、日本栄養・食糧学会誌Vol. 65 (2012) No. 5
  2. ^ 薬用食物の糖尿病予防成分、吉川雅之、化学と生物Vol.40、No.3、2002