サラエヴォの銃声

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サラエヴォの銃声
Smrt u Sarajevu
監督 ダニス・タノヴィッチ
脚本 ダニス・タノヴィッチ
原作 ベルナール=アンリ・レヴィ
製作 アムラ・バクシッチ・チャモ
フランソワ・マルゴランフランス語版
音楽 Mirza Tahirovic
撮影 エロール・ズブチェヴィッチ
編集 Redzinald Simek
配給 日本の旗 ビターズ・エンド
公開 ドイツの旗 2016年2月15日 (BIFF)
ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 2016年5月12日
日本の旗 2017年3月25日
上映時間 85分
製作国 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
フランスの旗 フランス
言語 ボスニア語
フランス語
興行収入 $6,540[1]
テンプレートを表示

サラエヴォの銃声』(サラエヴォのじゅうせい、Smrt u Sarajevu)は、ダニス・タノヴィッチ監督による2016年ボスニア・ヘルツェゴビナドラマ映画である。第66回ベルリン国際映画祭ではコンペティション部門で上映され[2][3]審査員グランプリ[4]FIPRESCI賞を獲得した[5]第89回アカデミー賞外国語映画賞にはボスニア代表作として出品されたが、ノミネートには至らなかった[6][7]

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Death in Sarajevo”. Box Office Mojo. 2016年9月19日閲覧。
  2. ^ Jan 11, 2016: Berlinale Competition 2016: Another nine films selected”. Berlinale. 2016年1月11日閲覧。
  3. ^ Berlin Film Festival Adds Nine Films to Competition Lineup”. Variety. 2016年1月11日閲覧。
  4. ^ Prizes of the International Jury”. Berlinale. 2016年2月20日閲覧。
  5. ^ Berlin’s FIPRESCI Prize goes to Death in Sarajevo”. Cineuropa. 2016年2月20日閲覧。
  6. ^ Film "Smrt u Sarajevu" Danisa Tanovića bh. kandidat za nagradu Oscar”. klix (2016年8月31日). 2016年8月31日閲覧。
  7. ^ Holdsworth, Nick (2016年8月31日). “Oscars: Bosnia Selects 'Death in Sarajevo' for Foreign-Language Category”. The Hollywood Reporter. 2016年8月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]