サヨナラ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サヨナラ
Sayonara
監督 ジョシュア・ローガン
脚本 ポール・オズボーン
原作 ジェームズ・ミッチェナー
製作 ウィリアム・ゲッツ
出演者 マーロン・ブランド
ナンシー梅木[1]
レッド・バトンズ
音楽 フランツ・ワックスマン
撮影 エルスワース・フレデリクス
編集 フィリップ・W・アンダーソン
アーサー・P・シュミット
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1957年12月5日
日本の旗 1957年12月20日
上映時間 147分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
日本語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $26,300,000
テンプレートを表示

サヨナラ』(Sayonara)は、1957年公開のアメリカ映画

概要[編集]

朝鮮戦争時の日本が舞台で、当時はタブー視されていた日本人女性と米国軍人の悲しい恋の物語。原作はジェームズ・ミッチェナーの小説。

この映画でレッド・バトンズアカデミー助演男優賞を、ナンシー梅木アカデミー助演女優賞[1]、そしてアカデミー美術賞アカデミー音響賞を受賞した。

映画では、当時の神戸港や奈良あやめ池遊園地の空撮が用いられている。昭和30年代の伊丹エアベース(現·大阪国際空港)での戦闘機着陸シーンのロケ、松林歌劇団のモデルとなる大阪松竹歌劇団(OSK…現OSK日本歌劇団)の大阪劇場公演シーンのロケ、歌舞伎座(東京公演)、京都の街並みなどが描写されている。

ストーリー[編集]

朝鮮戦争での撃墜王ロイド・グルーバー少佐(マーロン・ブランド)は最前線から同僚のケリー(レッド・バトンズ)と共に日本へ転勤となり関西にやってくる。

ある日グルーバーはマイク・ベイリー大尉(ジェームズ・ガーナー)に誘われレビューを観劇に行く。その舞台で一際華やかな松林歌劇の花形スターハナオギ(高美以子)に一目惚れし、同僚ケリーの恋人であるカツミ(ナンシー梅木)の計らいでハナオギと出会う。

ハナオギは戦争で親を亡くしたため、初めは米国人に対しての嫌悪感を露にするが、グルーバーの熱意に徐々に心を開き、やがて恋に落ちる。

当時米軍では日本人との結婚がご法度とされていた。またハナオギが恩を感じる松林歌劇団でも結婚は退団を意味し二人の心に暗い影が差し始める。そんな折、ケリーとカツミが世をはかなんで心中してしまう。

ハナオギはグルーバーとの別れを決心し、東京公演のため逃げるようにグルーバーの元を去る。グルーバーは追うように東京に行き、彼女を説き伏せる。

キャスト[編集]

主な受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

受賞
アカデミー助演男優賞:レッド・バトンズ
アカデミー助演女優賞:ナンシー梅木[1]
アカデミー美術賞:テッド・ハワースロバート・プリーストリー
アカデミー録音賞:ジョージ・グローヴス
ノミネート
アカデミー作品賞:ウィリアム・ゲッツ
アカデミー監督賞:ジョシュア・ローガン
アカデミー主演男優賞:マーロン・ブランド
アカデミー脚色賞:ポール・オズボーン
アカデミー撮影賞:エルスワース・フレデリクス
アカデミー録音賞:アーサー・P・シュミットフィリップ・W・アンダーソン

ゴールデングローブ賞[編集]

受賞
助演男優賞:レッド・バトンズ
ノミネート
作品賞 (ドラマ部門)
監督賞:ジョシュア・ローガン
主演男優賞 (ドラマ部門):マーロン・ブランド
助演女優賞:ナンシー梅木

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]