サモア沖地震 (2009年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2009年サモア沖地震
震央の位置
震源の位置(USGS)
本震
発生日 2009年9月29日
発生時刻 17時48分10秒(UTC
6時48分10秒(サモア時間
2時48分10秒(JST
震央 サモアの旗 サモア 首都アピアの南沖190km
南緯15度30分32.4秒
西経172度2分2.5秒(地図)
震源の深さ 18km
規模    モーメントマグニチュード(Mw)8.1
最大震度    改正メルカリ震度V:アピア
津波 アメリカ領サモアでは4.5mから6mの津波が4回到達
地震の種類 これから沈み込むプレート内地震
余震
回数 M5以上:80回以上
最大余震 10月02日1時7分(UTC)、M6.1
被害
死傷者数 死者189人以上[1]
数百人負傷[2]
被害地域 サモアの旗 サモア
アメリカ領サモアの旗 アメリカ領サモア
トンガの旗 トンガ
クック諸島の旗 クック諸島
フィジーの旗 フィジー
フランス領ポリネシアの旗 フランス領ポリネシア
 ニュージーランド
出典:特に注記がない場合はUSGSによる。
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

2009年サモア沖地震(2009ねんサモアおきじしん)は、2009年9月29日サモア諸島で発生した地震である。発生時刻はサモア時間午前6時48分(日本時間午前2時48分)、震源地はサモアの首都アピアの南沖190km、震源の深さ18km、モーメントマグニチュード(Mw)8.1[3][4][5]

概要[編集]

太平洋プレートインド・オーストラリアプレートの境界付近は世界で最も地震活動が活発な地域の一つであるが、今回の地震はこれらのプレート境界であるトンガ海溝の北端で発生したものである。USGSは、太平洋プレート側に断層が生じて地震が発生した海洋プレート内地震、いわゆるアウターライズ地震と推測している[6]。その後、この地震の前後どちらかにプレート境界の地震が発生していたとの推測がなされている[7]。この地震の震源の南側では1995年4月7日M8.02006年5月3日M8.0、2009年3月19日M7.7の地震が発生している。

被害状況[編集]

太平洋津波警報センターは午前3時4分以降、断続的に津波情報を発表した。地震発生後、ウポル島南部の村は津波により壊滅しアメリカ領サモアでは4.5mから6mの津波が4回到達した[8]。アメリカ領サモアのパゴパゴでは314cm、サモアの首都アピアでは140cmの津波を観測した[9]。オーストラリアの報道によれば、10月1日時点で被災地であるサモアと米領サモアおよびトンガでの死者の合計が140人に達し、70の村落が壊滅し余震が10回以上にのぼり、数万人が家屋を失ったと伝えた[10]

また、オセアニア、アジア、北中米、南米の各地で津波を観測した[11]。日本では、太平洋側全域で津波注意報が出され、岩手県の久慈市では36cmの津波を観測している(=この地震で発生した津波を日本で観測した最大値)[12]

各国の対応[編集]

地震発生後、アメリカオバマ大統領(当時)はFEMAから緊急派遣チームの派遣を決定した[13]。日本政府は9月30日午前に、首相官邸危機管理センター内に情報連絡室を設け、鳩山由紀夫首相(当時)は何らかの対策を講じるとした[14]オーストラリア政府がサモアに200万豪ドルの緊急支援を決定し、医師や援助当局者などの支援チームを派遣した。一方のニュージーランド政府も空軍哨戒機を飛行させ被害状況の確認をしている[10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ tvnz.co.nz-Search continues as death rises” (english). tvnz.co.nz (2009年10月2日). 2009年10月2日閲覧。
  2. ^ Perry, Michael (2009年9月29日). “Samoa tsunami toll may exceed 100, hundreds injured”. Reuters. http://www.reuters.com/article/marketsNews/idUSSYD51634720090930 2009年9月29日閲覧。 
  3. ^ M 8.1 - Samoa Islands region”. アメリカ地質調査所. 2017年12月4日閲覧。
  4. ^ USGS速報ではモーメントマグニチュード8.0
  5. ^ 気象庁はモーメントマグニチュード7.9
  6. ^ アメリカ地質調査所:Poster of the Samoa Islands Region Earthquake of 29 September 2009 - Magnitude 8.0
  7. ^ 2009年サモア地震の新説についての解説
  8. ^ “地震による津波で100人死亡か 南太平洋M8.0、村は壊滅状態”. 47NEWS. 共同通信 (全国新聞ネット). (2009年9月29日). http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009093001000031.html 
  9. ^ アメリカ地質調査所:Magnitude 8.1 - SAMOA ISLANDS REGION #Summary
  10. ^ a b “サモア地震死者140人に、70村が壊滅”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2009年10月1日). オリジナル2009年10月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091002160730/http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20091001-OYT1T00388.htm 
  11. ^ West Coast/Alaska Tsunami Warning Center, NOAA/NWS Samoa Islands Region Tsunami of 29 September 2009
  12. ^ 気象庁 9月の地震活動及び火山活動(pdf) (PDF) (2009年10月7日)
  13. ^ “サモアM8.0地震、死者100人超 米大統領「重大な災害」”. NIKKEI NET (日本経済新聞社). (2009年9月30日). オリジナル2009年10月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091003101621/http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090930NTE2INK0430092009.html 
  14. ^ “サモア地震:首相官邸に情報連絡室を設置”. 毎日jp (毎日新聞社). (2009年9月30日). オリジナル2009年10月1日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2009-1001-1726-00/mainichi.jp/select/seiji/news/20090930k0000e010030000c.html