サメのかぞく

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

サメのかぞくちびザメベイビー・シャーク英語: Baby Shark)は、欧米で著名な童謡。伝承童謡(nursery rhyme、わらべうた[1]

概要[編集]

もともとはドイツの童謡といわれる[1]。原曲は作者不詳であり[2]、形を変えて欧米でキャンプソングとして歌い継がれてきた。英語で普及していた歌詞にはサメに襲われて手足をもぎ取られる描写がある。

ピンクフォン(ピンキッツ)版[編集]

サメのかぞく
ピンクフォン(ピンキッツ)の楽曲
英語名Baby Shark
リリース2016年
ジャンル童謡、キャンプソング
作詞者不詳
作曲者不詳
チャート順位

2016年に韓国企業スマートスタディー英語版が展開する教育ブランドピンクフォン英語版(日本ではピンキッツのブランド名で展開[3])が楽曲のアニメや振り付きの映像を多言語で制作してアプリYouTubeで公開したところ、英語版が半年で1億回再生されるなど韓国内のみならず世界中で話題となる[4]。YouTubeやTikTokを通して子供や若者の間に広まった[5]。ピンクフォン版は原曲にK-POPの要素を融合させたのが特徴とされる[6]

なお、ピンクフォンの朝鮮語版の曲名は「상어가족」(意味:サメの家族)、日本語版の曲名は「サメのかぞく」である。

ピンクフォンの朝鮮語版は2016年に韓国内において最も視聴されたYouTube動画となり、2017年大韓民国大統領選挙では替え歌の動画も制作された。さらにチェジュ航空ではピンクフォンと提携した航空機が運行している[7]

その人気はインドネシアフィリピンシンガポールへと広がり[6]、2018年にはアメリカイギリスにまで広まった[5]

ピンクフォンの英語版は2018年に全英シングルチャートにランクイン。2019年1月には全英6位、Billboard Hot 100で初登場32位を記録した[8][9]。2019年のBillboard Hot 100年間チャートでは75位にランクインされている[10]

ピンクフォン版の流行後には、Red VelvetTWICEBLACKPINKGOT7などのK-POPグループがこの曲を披露したほか[7]セリーヌ・ディオンもテレビ番組『レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン』に出演した際に披露している[11]。『エレンの部屋』や[7]The X-Factor UK[5]でも紹介された。

ピンクフォン版は、2011年に発表されたジョニー・オンリー(米国)のバージョンとの類似が指摘されている。2018年にオンリーはスマートスタディを著作権侵害で訴えた[12]

ピンクフォン版のイントロは映画「ジョーズ」のテーマの模倣。

ピンクフォンの英語版のダンス動画のYouTubeでの再生数は、2020年11月2日にてYouTube全体の動画において「Despacito」を超え1位を記録している。

日本で発売されたピンクフォンの英語版DVD『ベイビー・シャークと動物童謡 (Pinkfong Baby Shark and Animal Friends)』は楽天市場で「幼児・児童英語教材部門」の週間1位を獲得した[13]

2019年11月には、ピンクフォン版のアニメに登場するキャラクターが日本でガシャポンの「カプキャラシリーズ」の一つとして商品化された[14]

また、ワシントン・ナショナルズに所属していたジェラルド・パーラ(2020年は読売ジャイアンツ所属)が登場曲として使用しており、ナショナルズファンは彼の登場時、この曲に合わせて、シャークダンスをした。また、ナショナルズのワールドシリーズ優勝も相まって、アメリカ国内やカリブ海諸島、東アジアなど野球が人気な国において、この曲の知名度が上がった。[15]

上原りさ版[編集]

上原りさが「ベイビーシャーク」の曲名でカバー。2020年1月29日にシングル「はみがきジョーズ/ベイビーシャーク」として発売された。販売元はワーナーミュージック・ジャパン

「(2011年にこの曲を発表した)ジョニー・オンリーから正式にカバー許諾を取った、世界初の日本語によるオフィシャルカバー」とされている[16]。歌詞はピンクフォン版の日本語歌詞とは異なる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 原曲は欧米の伝承童謡、リアルサウンド、2019年1月24日。
  2. ^ 美빌보드 진입 '상어가족', 알고 보면 논란의 곡이다?ノーカットニュース 2019年1月18日
  3. ^ 韓国幼児教育会社「スマートスタディー」、日本進出、PRTIMES(SMARTSTUDY Co., Ltd.)、2018年11月6日 08時30分。
  4. ^ 스마트스터디, 글로벌 인기 동요 애니메이션 ‘핑크퐁 상어 가족’ 앱 출시ThisisGame 2016年9月2日
  5. ^ a b c 韓国版PPAP?「サメの赤ちゃん」の歌がYouTube歴代視聴数TOP20に食い込むまで、文春オンライン、2019年3月10日。
  6. ^ a b (3ページ目)韓国版PPAP?「サメの赤ちゃん」の歌がYouTube歴代視聴数TOP20に食い込むまで、文春オンライン、2019年3月10日。
  7. ^ a b c TWICE、Red Velvetらもカバー 「Baby Shark(サメの家族)」世界的ヒットの背景、リアルサウンド、2019年1月24日。
  8. ^ What is the Baby Shark song? Why the viral kids' TV song is now climbing the chartsOfficial Charts 2019年1月4日
  9. ^ The viral children's song, which spawned a dance challenge following the release of Pinkfong's 2016 version, bows at No. 32.billboard 2019年1月8日
  10. ^ Hot 100 Songs - Year-End - 2020年2月14日閲覧。
  11. ^ ドラマチックすぎる「ベイビー・シャーク」 セリーヌ・ディオンが熱唱、mashup NY、2019年5月28日。
  12. ^ The long, complicated history of Baby Shark — and the artist fighting for creditCBC 2019年1月24日
  13. ^ 『ベイビー・シャーク(Baby Shark)』DVD、リリース1ヶ月で楽天幼児英語教材部門1位達成、PRTIMES(SMARTSTUDY Co., Ltd.)、2019年7月12日 20時38分。
  14. ^ カプキャラ サメの家族、ガシャポンワールド(バンダイ) - 2019年12月17日閲覧。
  15. ^ 【小早川毅彦のベースボールカルテ】連勝ナ軍にさらなる応援の追い風” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ) (2019年10月25日). 2020年3月1日閲覧。
  16. ^ デビュー・シングル「はみがきジョーズ」先行配信&ビデオ公開開始!1/26(日)アリオ川口で、デビュー記念イベントの開催決定!、ワーナーミュージック・ジャパン、2020年1月22日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ 【公式】トリニクって何の肉!? [@abctoriniku] (6 January 2020). "テストに出ないトリニク用語「ベイビー・シャーク」" (ツイート). Twitterより2020年2月29日閲覧