Sum 41

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Sum 41
サム・フォーティーワン
Sum 41 AP Awards 1.png
基本情報
出身地 カナダの旗 カナダ オンタリオ州エイジャックス
ジャンル ポップ・パンク[1][2]
オルタナティヴ・ロック[1][2]
パンク・ロック[2]
スケート・パンク
オルタナティヴ・メタル
メロディック・ハードコア
活動期間 1996年 - 現在
レーベル アクエリアス・レコード
アイランド・レコード
ユニバーサル・レコード
ホープレス・レコード
メンバー デリック・ウィブリー
デイヴ・バクシュ
ジェイソン・マクキャスリン
トム・タッカー
フランク・ズーモ
旧メンバー マーク・マカダム
グラント・マクヴィティ
マーク・コスタンゾ
ジョン・マーシャル
マーク・スピコラック
リチャード・ロイ
スティーヴ・ジョクス

Sum 41サム・フォーティーワン)は、カナダオンタリオ州エイジャックス出身のロックバンドである。

バンド名の由来は、夏休みの41日目にメンバーが行ったワープド・ツアーで感銘を受け、この日から活動を開始したことによる。アメリカカナダの世界的パンクバンドで、日本をはじめ各国で絶大な人気を得ている。2006年ギターのデイヴが抜けてメタルの要素が抜け、4thアルバムでは新しいサウンドになった。2009年には新たなギタリストとしてトムが加わった。

2002年から2003年2004年と立て続けに来日し、サマーソニックにも出演した。 また、2010年に来日した際に、大阪のバーでボーカルのデリックが暴行を受け怪我をしたが、治療を施しステージに立った。

"We're All To Blame"は映画『ゴジラ FINAL WARS』の挿入歌に使用され、話題を呼んだ。また『スパイダーマン』の挿入歌の"What We're All About"も歌っている。『ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]』では、挿入歌として"Noots"を歌い、世界からゴールド、プラチナなど様々な賞を受け取っている。

2012年、第54回グラミー賞にて5thアルバムScreaming Bloody Murder収録曲"Blood In My Eyes"が、最優秀ハードロック・パフォーマンス賞にノミネートされた。

現メンバー[編集]

2006年にアヴリル・ラヴィーンと結婚。しかし2009年に離婚。実は内気な性格。スティーヴが歌う時には代わりにドラムを叩く。アヴリルのものによく似たモデルのギターを持つ(フェンダー社のテレキャスターまたはテレキャスターデラックス)。2人ともスクワイアからシグネイチャーのモデルが販売されている。また、ミュージック・ビデオでは、今ではあまり見かけないギブソン・マローダーをしばしば使用している事がわかる。パリス・ヒルトン等と交際していたことが判明している。
  • デイヴ・バクシュ (Dave Baksh (Brownsound)、1980年7月26日 - ) - リードギター、ヴォーカル(1998 - 2006、2015 - )
落ち着きがあって社交的な性格。あだ名の由来はが茶色いから。カナダ出身だが、インドガイアナの血を有している。生粋のメタルファンで、曲中にメタル・ギターソロを弾くなど積極的に曲にメタルの要素を取り入れていた。声域が広い。既婚者。2006年5月15日脱退。その後はクラシック・メタルバンド、ブラウン・ブリゲード(Brown Brigade)を率いた(しかし2009年を最後に活動休止)。彼の脱退に伴い、後任はアヴリル・ラヴィーンという噂が流れたが、関係者は一笑に付した。彼と現メンバーとの間のしこりはアルバム『All Killer No Filler』を出した辺りからあったらしく、デリックの曲作りはデイヴの楽しみやすい曲にすると気を使っていた。故に脱退したことは(自由な曲作りが出来るという意味で)肩の荷が下りたという。2015年7月Alternative Press Music Awardsでギターとして参加、その後8月に正式に復帰。
191cmとメンバーの中で身長が高く、童顔で痩せ身という外見とは裏腹に冷静で分析的な性格。マネージャー的な雑務もこなす。既婚者。時々歌うが、叫ぶような特徴的な歌い方をすることが多い。ベースピックで弾く。
  • トム・タッカー (Tom Thacker (Brown Tom)、1978年4月11日 - ) - リードギター、キーボード、ヴォーカル
デイヴの脱退を受け、2007年よりツアーギタリスト・キーボーディストを務める。デイヴ同様、名前に"Brown"とあるが、白人である。カナダ出身のGobというバンドのフロントマンである。2009年、デリックの発表によりバンドの正式メンバーとして加入することが決定した。
  • フランク・ズーモ (Frank Zummo、1992年7月2日 - ) - ドラムス
脱退したスティーヴの後任として2015年に加入。加入時23歳という若さながら今後の活躍が期待されている。全員がドラマーで構成されるパーカッションバンド、ストリート・ドラム・コープス(Street Drum Corps)のメンバーでもある。

旧メンバー[編集]

  • マーク・マカダム (Mark McAdam) - ヴォーカル、リズムギター、ベース(1996、1997)
  • グラント・マクヴィティ (Grant McVittie) - ベース、ヴォーカル(1996 - 1997)
  • マーク・コスタンゾ (Marc Costanzo) - リズムギター、ヴォーカル(1996 - 1997)
  • ジョン・マーシャル (Jon Marshall) - ヴォーカル、リズムギター(1997 - 1998)
  • マーク・スピコラック (Mark Spicoluk) - ベース、ヴォーカル(1997 - 1998)
  • リチャード・ロイ (Richard Roy (Twitch)) - ベース、ヴォーカル(1998 - 1999)
  • スティーヴ・ジョクス(Steve Jocz (Stevo32)、1981年7月23日 - ) - ドラムス、ヴォーカル(1996 - 2013)
ドラマーでありながら歌うのが好きで、ラップもよく歌う。ドラムのテクニックは若手パンクバンドの中ではかなり高い。オヤジギャグマシンガントークで突っ走る、ある意味メンバーで一番キャラが濃いと言える人物。過激なユーモアを好み、ライヴ・アルバム『Happy Live Surprise』の特典DVDのグロテスクなコメディ・ムービーは彼が中心になって作った。撮影が好きで、自分たちのPVも何本か作った。オーストラリア人の彼女と結婚したとデリックが話している。モーラー奏法を体得しているらしい。2013年4月18日に脱退を発表した。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

コンピレーション・アルバム/EP[編集]

シングル[編集]

  1. Makes No Difference (Half Hour Of Power、2000年)
  2. Fat Lip (All Killer No Filler、2001年)
  3. In Too Deep (All Killer No Filler、2001年)
  4. Motivation (All Killer No Filler、2002年)
  5. Handle This (All Killer No Filler、2002年)
  6. What We're All About (Half Hour Of Power/スパイダーマン・サウンドトラック、2002年)
  7. Still Waiting (Does This Look Infected?、2002年)
  8. The Hell Song (Does This Look Infected?、2003年)
  9. Over My Head (Better Off Dead) (Does This Look Infected?、2003年)
  10. We're All To Blame (Chuck/G.LASTS…TRIBUTE TO GODZILLA 50TH、2004年)
  11. Pieces (Chuck、2005年)
  12. Some Say (Chuck、2005年)
  13. No Reason (Chuck、2005年)
  14. March Of The Dogs (Underclass Hero、2007年 PCでの先行配信)
  15. Underclass Hero (Underclass Hero、2007年)
  16. Walking Disaster (Underclass Hero、2007年)
  17. With Me (Underclass Hero、2008年)
  18. Screaming Bloody Murder (Screaming Bloody Murder、2011年)
  19. Baby You Don't Wanna Know (Screaming Bloody Murder、2011年)
  20. Blood In My Eyes (Screaming Bloody Murder、2012年)
  21. Fake My Own Death (13 Voices、2016年)
  22. War (13 Voices、2016年)

ビデオ・DVD[編集]

  • Introduction to Destruction (2001年)
  • Cross Your T's and Gouge Your I's (2002年) - 『Does This Look Infected?』に付属のDVD
  • Sake Bombs and Happy Endings (2004年)
  • Underclass Hero (2007) - 『Underclass Hero』の付属DVD。下記の「ROAD TO RUIN」が4本収められており、その中にはグッド・シャーロットのジョエルが出てくる。(このDVDは前置きで18歳未満の閲覧を禁止している)

2007年、オフィシャルサイトにてROAD TO RUINというライヴでの舞台裏などを映像化したショートムービーを公開。Episode #1には、2005年来日時のライヴや、その時の悪行が収められている。Episode #3には、3rdアルバムのアルバムタイトルにもなっている国連職員、Chuckが登場する。

その他[編集]

  • Maximum Sum 41 (2003年) - インタビュー

挿入歌としての使用[編集]

その他[編集]

  • 3rdアルバムのChuckというタイトルの由来は、アフリカのコンゴでバンドが突然の内戦に巻き込まれた際、バンドを救出してくれた国連職員の名前からである。Chuckに収録されているリード・シングル、We're All To Blameは、コンゴでの出来事にインスパイアされた曲と言われている。
  • スクワイア社よりデリックのシグネイチャー・ギター(テレキャスター・デラックス)が発売中である。通常のテレキャスター・デラックスと比べると、ピックアップはリアのみ、コントロールは1ヴォリューム1トーンという仕様。最大の特徴は、ボディ下部とピックガード上部に赤い×印がペイントされている事である。デリックはUnderclass HeroとWalking Disasterのビデオで使用している。
  • 2003年3月31日 - 2005年7月1日の約2年3ヶ月間、Sum 41作曲のオールナイトニッポンジングルが使用された(ただし、木曜日ナインティナインのオールナイトニッポンのみ、1パターンだけ2008年9月18日まで使用された)。
  • アルバムUnderclass Heroの特典DVDには、日本盤のみRoad to Ruin Episode #10が収録されている。このストーリーはまだオフィシャルサイトでは公開されていない。
  • アルバムUnderclass Heroの先行シングル"March of the Dogs"がブッシュ大統領への脅迫ではないかと、物議をかもした(この歌の歌いだしは"アメリカ大統領は死んだ"から始まる)。
  • 2010年8月に、大阪市で開催の音楽祭に出演するために来日したが、その時に、メンバーの一人のデリック・ウィブリーが、同月6日に日本国内で暴行を受け負傷したと、AP通信が報じた。バーに立ち寄った折にトラブルとなった模様だが、暴行を受けた場所は明らかになっていない[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b Sum 41|Biography”. オールミュージック. All Media Guide. 2016年8月8日閲覧。
  2. ^ a b c Sum 41 reviews, music, news”. sputnikmusic. Sputnikmusic.com. 2016年8月8日閲覧。
  3. ^ A・ラヴィーンさんの元夫、日本で襲われる? 読売新聞 2010年8月7日

外部リンク[編集]