サミューダ・ブラザーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サミューダ・ブラザース(Samuda Brothers)は、イギリスにあった工業と造船の会社。ヤコブとジョゼフ・ド・アグイラー・サミューダ(Jacob and Joseph d'Aguilar Samuda)によって設立された。ロンドン・ドッグズ島(Isle of Dogs)のキュビット・タウン(Cubitt Town)にかつてあり、そこは現在サミューダ・エステート(Samuda Estate、estateは所有地や遺産の意味)と呼ばれている。

サミューダ・ブラザースは1843年にブラックウォール(Blackwall)のオーチャード・プレイス(Orchard Place)にあるバウ運河(Bow Creek)の河口で創業した。会社が大きく成長したが他の工場に囲まれていたので、1852年にキュビット・タウンに移転した。ヤコブはジプシー・クイーンの試運転中に死亡し[1]、移転時にはジョゼフによって会社は経営されていた。キュビット・タウンにある造船所は鉄鋼製軍艦と蒸気定期船に特化し、1863年までには他のロンドン地区の造船所の2倍の建造をしていると言われた。ロンドンにあった他の多くの造船所が影響を受けた1866年の財政危機を、ドイツロシア日本からの注文で生き残った[2]

1877年、サミューダでの東郷平八郎

後に著名な日本海軍提督となる東郷平八郎は、ポーツマスの海軍予備校とグリニッジ王立海軍兵学校での訓練の後、1877年にサミューダ・ブラザーズに来て仕事の経験を積んだ。ここで日本に戻るまでの間「扶桑」の工事監督をしている。

1885年にジョゼフが死亡し、業績順調な企業として売却が試みられた。しかし失敗に終わり、1890年代に閉鎖された。ロンドンでの最後の重要な造船業者としてヤーローテムズ鉄工所が残された[2]

建造艦船[編集]

英語のリンクは英語版Wikipediaへのリンク

脚注[編集]

  1. ^ 'Leamouth Road and Orchard Place: Individual wharves and sites'、Survey of London: volumes 43 and 44: Poplar、Blackwall and Isle of Dogs (1994)、pp. 655-685. URL: http://www.british-history.ac.uk/report.aspx?compid=46545. Date accessed: 07 November 2007.
  2. ^ a b 'Cubitt Town: Riverside area: from Cubitt Town Pier to the Graving Docks'、Survey of London: volumes 43 and 44: Poplar、Blackwall and Isle of Dogs (1994)、pp. 532-539. URL: http://www.british-history.ac.uk/report.aspx?compid=46530. Date accessed: 07 November 2007.
  3. ^ The Melik Society Bordein
  4. ^ Illustrated London News 18 May 1867
  5. ^ A War Ship Foundered、New York Times July 14、1892
  6. ^ Clive Trebilcock,Phoenix Assurance and the Development of British Insurance、Vol II、The Era of the Insurance Giants 1870-1984、P19,Cambridge University Press.

関連項目[編集]

以下は英語版Wikipedia