サミュエル・マオズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サミュエル・マオズ
שמואל מעוז
שמואל מעוז‎
生年月日 1962年
出生地 イスラエルの旗 イスラエルテルアビブ
職業 映画監督

サミュエル・マオズשמואל מעוז‎, 1962年 - )は、イスラエル映画監督。マオズが監督および脚本をつとめた2009年の映画『レバノン』は、第66回ヴェネツィア国際映画祭で最高賞の金獅子賞を受賞した[1]

経歴[編集]

1962年、イスラエルのテルアビブに生まれる[2]。20歳の時にレバノン戦争英語版レバノンに侵攻したイスラエル国防軍戦車の砲撃手として従軍[3]。戦後はベイトツヴィ演劇学校でカメラマンとして学んだのち、映画やテレビ番組制作の演出を手がけたほか、ドキュメンタリー映画制作プロダクションで製作補や監督をつとめる[4][5]

2007年から自身初めての長編映画制作にかかり、自らの従軍体験に基づいた映画『レバノン』を完成させる[2]。『レバノン』は、2009年に開催された第66回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門に出品されて、最高賞の金獅子賞を受賞した[1]

フィルモグラフィ[編集]

  • レバノン』 - לבנון‎ (2009年、監督・脚本)

脚注[編集]

  1. ^ a b 66. Mostra Internazionale d'Arte Cinematografica, Premi ufficiali, la Biennale di Venezia, オリジナルの2013-12-20時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20131220145731/http://www.labiennale.org/it/cinema/archivio/mostra/premi/ 2014年8月3日閲覧。 
  2. ^ a b Cooke, Rachel (2010-05-02), “Samuel Maoz: my life at war and my hopes for peace”, The Guardian, オリジナルの2014-02-12時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20140212005107/http://www.theguardian.com/film/2010/may/02/israel-lebanon-samuel-maoz-tanks 2014年8月3日閲覧。 
  3. ^ Erlanger, Steven (2010-07-30), “'Lebanon', Samuel Maoz's Tank's-Eye View of War”, The New York Times, オリジナルの2013-01-29時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20130129060911/http://www.nytimes.com/2010/08/01/movies/01lebanon.html 2014年8月3日閲覧。 
  4. ^ Lebanon, Toronto International Film Festival Inc, オリジナルの2009-11-24時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20091124055839/http://tiff.net/filmsandschedules/films/lebanon 2014年8月3日閲覧。 
  5. ^ Kopf, Shula (2003-05-30), “Prima Dodina”, Jerusalem Post: p.12 

外部リンク[編集]