サミュエル・ベックルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サミュエル・ハズバンド・ベックルス(Samuel Husband Beckles、1814年 - 1890年)は、19世紀イギリス恐竜ハンターである。サセックスワイト島で化石を収集した。

ベックルスは1854年に恐竜によって形成されたと考られる、鳥のような足跡について記載し、後の1862年にこれがイグアノドンの足跡であると同定した[1][2]

1857年ダールストン湾英語版哺乳類を発見し、続いて、後に「ベックルス・ピット」として知られることとなる場所で、600平方メートルに渡って表土を16メートル掘削するという大規模な発掘を行った。この時に収集された哺乳類の化石ロンドン自然史博物館が保有している[3]

また、小型の草食恐竜エキノドン英語版の発見者であり、現在知られている唯一の種Echinodon becklesii種小名肉食恐竜ベックレスピナクスの属名はベックルスに献名されたものである。

脚注[編集]

  1. ^ Beckles, Samuel H. (1854). “On the ornithoidichnites of the Wealden”. Quarterly Journal of the Geological Society of London 10 (1-2): 456–464. doi:10.1144/GSL.JGS.1854.010.01-02.52. 
  2. ^ Beckles, S.H. 1862. "On some Natural Casts of Reptilian Footprints in the Wealden Beds of the Isle of Wight and of Swanage" Quarterly Journal of the Geological Society, 18; issue.1-2; p. 443-447
  3. ^ Purbeck: The Mammal Beds, Jurassic Coast website