サミュエル・アレクサンダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サミュエル・アレクサンダー
Samuel Alexander
生誕 1859年1月6日
オーストラリアの旗 オーストラリア・・シドニー[1]
死没 1938年9月13日(1938-09-13)(79歳)
イギリスの旗 イギリスマンチェスター
時代 20世紀の哲学
地域 西洋哲学
研究分野 形而上学
主な概念 創発的進化英語版
テンプレートを表示

サミュエル・アレクサンダーSamuel Alexander1859年1月6日 - 1938年9月13日)は、イギリス帝国オーストラリアシドニー出身の実在論哲学者マンチェスター大学教授を務めた。進化論を基に、時間論や空間論を手がけたとして名高く、1930年6月3日メリット勲章を受章した。

1859年1月6日、イギリス帝国オーストラリアシドニーのジョージストリート英語版にてユダヤ人の両親の元に三男として生まれる。その後、イギリスオックスフォード大学ケンブリッジ大学で学ぶ。

1920年にアレクサンダーの主著である全2巻からなる『空間時間神性Space,time and deity)』を著し、1933年には『Beauty and other formes of value』を著した。

アレクサンダーは生理心理学に基づいて科学の一種としての経験論形而上学体系の構築を試みたり[3]、あらゆる事物の母胎として空間と時間を融合し、そこから生命物質意識が段階的に出現すると考える創発的進化英語版を考えだした。また、アレクサンダーは自然を止むことのない変化とみなした。

なお、アレキサンダーは未婚で、1938年9月13日にイギリスマンチェスターで亡くなった。

脚注・参考文献[編集]

  1. ^ 厳密にはイギリス帝国領である。
  2. ^ カントの影響を受けたが、最終的には創発的進化の考えにより、カントを批判した。
  3. ^ アレクサンダー - Yahoo!百科事典日本大百科全書、2012年12月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]