サマリア峡谷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Landkarte Westkreta.jpg
サマリア峡谷の位置(クレタ島内)
サマリア峡谷
サマリア峡谷の位置(クレタ島)
SamariaGorge.jpg

サマリア峡谷またはサマリア渓谷ギリシア語: Φαράγγι της Σαμαριάς)はギリシャクレタ島にある峡谷渓谷)で、同国の国立公園

峡谷(渓谷)はクレタ島の南西に位置し、ハニア県の一部を占めている。レフカ・オリ山脈(Λευκά Όρη)とヴォラキアス山からの渓流を主な源流とし、アギア・ルメーリ村(Αγιά Ρουμέλη)付近でリビア海(地中海の一海域)に流れ込む。峡谷のトレッキングコースは、レフカ・オリ山脈の高台に位置するオマロス村Ομαλός、標高1250m)付近からスタートしアギア・ルメーリ村までの全長16kmであり、そのうち国立公園内は13km[1]である。この全長は一説では18㎞とするものもある。トレッキングコース中で最も有名なものは、コース終盤に位置する『鉄門』(Iron Gates)と呼ばれる場所で、高さ300mの崖に両側を挟まれた幅4mの谷底を歩く部分である。峡谷に住む珍しい野生のヤギの一種『クリ・クリ』(Κρι-κρι)等を守るため、1962年にサマリア峡谷は国立公園に指定された。かつてこの峡谷には人が住んでおり、サマリア村やニコラス聖堂などは国立公園指定時に無人化され、住人はアギア・ルメーリ村や他所に強制移住させられた[2]

交通機関[編集]

国立公園の情報[編集]

  • 国立公園は5月1日から10月15日までの、毎日6時から16時まで入場可能。[3]入場料は5ユーロ(2013年現在)。
  • 国立公園内ではキャンプを含む宿泊は禁止され、火気を使うことや渓流などで泳ぐことも禁止されている。[4]
  • サマリア峡谷を縦断するトレッキングを行う場合は、7時45分にハニアのバスターミナルを出発する路線バスに乗りオマロスで下車(所要時間1時間)。標準的な人は5時間から6時間で峡谷を縦断することができる。その後、アギア・ルメーリ港を17時に出発するフェリーに乗船し、ホラ・スファキオンで接続する路線バス(18時30分発)に乗りハニアに戻るルート例がある。[5]
  • アギア・ルメーリ村にはホテルやレストランがある。峡谷のトレッキングコース上の各所には水飲み場が完備されている。

外部リンク[編集]

参考資料[編集]

  1. ^ Useful advices
  2. ^ Samaria gorge - national Park since 1962
  3. ^ Rules and Regulations Of Samaria National Park The National Park opens on 1st May until 15th October each year, from 6 am until 4 pm, with entrances at Xyloskalo and Ayia Roumeli.
  4. ^ Rules and Regulations Of Samaria National Park Camping in any form and staying the night within the Park. Lighting fires in general and smoking in all areas apart from the recreational areas. Swimming in the Park’s rivers and streams.
  5. ^ Suggested route