サブジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

サブジ(Sabji, Sabzi, ヒンディー語: सब्ज़ी sabzī[1])は、インド料理の一種で、野菜蒸し煮炒め煮のことである。

ベジタリアンの多い地域で一般的によく食べられている。野菜に香辛料をまぶし、炒め蒸しにして食べる。キーマカレーの付け合わせ等でよく食べられている。ネパールでも同じようなものがある。主に使われるスパイスはクミンシードターメリック(パウダー)、コリアンダー(パウダー)、ガラムマサラレッドペパー(パウダー)、またはパプリカ(パウダー)。

主なサブジ料理[編集]

  • ポテトのサブジ
  • オクラのサブジ
  • カリフラワーのサブジ
  • ナスときのこのサブジ
  • じゃがいもと玉ねぎのサブジ
  • かぼちゃのサブジ
  • キャベツのサブジ
  • ズッキーニのサブジ
  • ピーマンのサブジ

脚注[編集]

  1. ^ ペルシア語: سبزی‎「ハーブ」の借用