サフィエ・スルタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サーフィエ・スルタン(Sâfiye Sultan, 1550年 - 1618年)は、ムラト3世の妃で、メフメト3世の母である。本名はソフィア・バッフォ(Sofia Baffo)。ムラト3世の生母であるヌール・バヌの親戚にあたる。

経歴[編集]

幼少期 - オスマン帝国へ[編集]

ソフィア(後のサーフィエ)は、1550年にヴェネツィア共和国の貴族バッフォ家の娘として生まれた。彼女の父は、家族と共に、コルフ島の総督として、任地に向う途中だった。しかし、バルバリア海賊に襲われ、ソフィアは捕えられてイスタンブールに送られたのち、奴隷として売り飛ばされ、オスマン帝国ハレムに入れられた。

ソフィアは、そこで新しく「サーフィエ」というトルコ名を与えられた。そのうち、サフィエはセリム2世の息子、ムラト皇子の寵姫となった。彼女は、メフメト皇子を生んだ。

母国との交信[編集]

1574年に夫のムラト皇子が、ムラト3世として即位した。サーフィエはムラトの寵姫として、何人もの子供を産んだが、義母ヌール・バヌ同様に自分がヴェネツィア人であることを決して忘れなかった。それゆえ彼女は母国の便宜を計るため、ヴェネツィア大使マルコ・アントニオ・バルバロと秘密裏に交信していた。密使には、トルコ人やヴェネツィア人では怪しまれると考えた彼女により、ユダヤ人の女が選ばれた。これらの事実上国家反逆罪である彼女の行為により、ムラト3世や大宰相ソコルル・メフメト・パシャの思惑は、既に会談の前にヴェネツィア側に筒抜けとなった。そして1575年には、1573年に締結されていたヴェネツィア・オスマン間の条約は、よりヴェネツィア側に有利な条件に改定される事になった。

サーフィエはヴェネツィア大使のみならず、エリザベス1世とも交信していた。両者の間でのやりとりの内容は不明だが、サーフィエが母国の利益のために、カトリーヌに接触したらしい。エリザベスとの交信の方は、彼女達の交信を知ったエリザベスが、イングランドの利益のために、彼女を利用しようと多くの贈り物でサーフィエの心を掴んだという事情があったらしい。このことがきっかけとなり、後にエリザベスからサーフィエの息子メフメト3世に、ハープシコードなどが贈られている。

息子の即位[編集]

1595年、ムラト3世の死去に伴い、サーフィエの息子のメフメト皇子が、メフメト3世として即位した。サーフィエはついに母后となった。その後、即位した皇帝の兄弟達は全て抹殺するという「帝国の掟」により、前皇帝の息子達でメフメト3世の、19人の異母兄弟達は死刑執行人により、紐で絞殺された。また、これも帝国の掟により、ムラト3世の40人の愛妾達の内、妊娠していた7人は、生きたまま袋に詰められ、真夜中のボスフォラス海峡に沈められた。

しかし、このメフメト3世の時代以降、この掟は廃止されることになった。これ以降、スルタンの兄弟達は、「黄金の鳥籠」と呼ばれる幽閉所に幽閉されることになった。これは、それまでの掟が残酷だからというよりも、王朝の血統を絶やしてしまわないための方策だった。サーフィエの息子のメフメトもまた、政治に関心が薄かったため、またしてもサーフィエが政治に容喙し、権力を振るった。

孫の即位とハンダンの影[編集]

1603年にメフメト3世が死去し、サーフィエの孫のアフメト皇子が、13歳でアフメト1世として即位した。しかし、これは彼の3人の兄弟達が、何者かによって暗殺されたためであった。この暗殺の首謀者は、ムラト3世の寵姫だったハンダンと、彼女と結託した宦官たちだと考えられている。

1597年には、サーフィエの命令により、サーフィエのモスク金角湾の一等地に建設されることが決められた。この設計には、当代一の建築家ダウトゥ・アーが任命された。彼女がモスク建設を思いついたのは、宗教心からではなく、名声も権力も手にした彼女が、自分の威信を高めるためという理由からだった。

1618年に、サーフィエは寝室で不審な死を遂げた。これもまた、ハンダンの手の者による暗殺と考えられている。

関連項目[編集]