サビニアヌス (僭称者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サビニアヌス (僭称者)
Usurper of the Roman Empire

テンプレートを表示

サビニアヌス (ラテン語: Sabinianus) は、3世紀の危機の間、ゴルディアヌス3世に対して反乱を起こしたローマ皇帝僭称者。

240年、サビニアヌスはゴルディアヌス3世に不満を持つ者たちにより、カルタゴで擁立された。しかし同年のうちに、マウレタニア総督に敗れた。彼の指揮下の兵たちはカルタゴに帰り、許しを請うた[1]アフリカプロコンスルだったマルクス・アシニウス・サビニアヌスと同一人物であるとも言われる[2]が、その可能性は低い[3]

脚注[編集]

  1. ^ Historia Augusta, Gordian 23,4; Zosimos 1,17,1; auf das Ereignis bezogen wohl auch CIL VI, 1090.
  2. ^ Augustin Clément Pallu de Lessert: Fastes des provinces africaines (Proconsulaire, Numidie, Maurétanies) sous la domination romaine. Band 1: République et Haut-Empire. Ernest Leroux, Paris 1896, S. 283 f. (online).
  3. ^ Bengt E. Thomasson: Fasti Africani. Senatorische und ritterliche Amtsträger in den römischen Provinzen Nordafrikas von Augustus bis Diokletian. Paul Åström, Stockholm 1996, ISBN 91-7042-153-6, S. 90.

参考文献[編集]

  • Arthur Stein: Sabinianus 4. In: Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft (RE). Band I A,2, Stuttgart 1920, Sp. 1585.thur Stein: Sabinianus 4. In: Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft (RE). Band I A,2, Stuttgart 1920, Sp. 1585.