サバクハリトカゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サバクハリトカゲ
Sceloporus magister.jpg
サバクハリトカゲ Sceloporus magister
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : トカゲ亜目 Sauria
下目 : イグアナ下目 Iguania
: イグアナ科 Iguanidae
亜科 : ツノトカゲ亜科
Phrynosomatinae
: ハリトカゲ属 Sceloporus
: サバクハリトカゲ S. magister
学名
Sceloporus magister
Hallowell, 1854
和名
サバクハリトカゲ
英名
Desert spiny lizard

サバクハリトカゲ(砂漠針蜥蜴、Sceloporus magister)は、爬虫綱有鱗目トカゲ亜目イグアナ科(ツノトカゲ科とする説もあり)ハリトカゲ属に分類されるトカゲ。

分布[編集]

アメリカ合衆国メキシコ

形態[編集]

全長18-30cm。体色はオスの成体は黒褐色で、繁殖期には黄色い斑点が現れる。メスや幼体は褐色。

亜種[編集]

  • Sceloporus magister magister Hallowell, 1854
  • Sceloporus magister bimaculosus Phelan and Brattstrom, 1955 Twin-spotted spiny lizard
  • Sceloporus magister cephaloflavus Tanner, 1955 Orange-headed spiny lizard
  • Sceloporus magister transversus Phelan and Brattstrom, 1955 Barred spiny lizard
  • Sceloporus magister uniformis Phelan and Brattstrom, 1955 Yellow-backed spiny lizard

生態[編集]

砂漠や荒地等の岩場に生息する。動きは俊敏。

食性は動物食の強い雑食で昆虫類節足動物果実等を食べる。

繁殖形態は卵生。

人間との関係[編集]

ペット用として流通されることがあり、日本にも輸入されている。主に亜種S. m. uniformisが流通しているとされる。

関連項目[編集]