サハリン1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サハリン1とは、ロシアサハリン州サハリン島(樺太)北部東岸のチャイウオ(茶江 ちゃえ)周辺の油田、天然ガス田。樺太(サハリン)で進められている開発計画(サハリンプロジェクト)の一つ。

概要[編集]

  • 埋蔵量は、原油23億バーレル、天然ガス17兆立方フィート。
  • 開発の主体となるエクソン・ネフテガス社(エクソンモービル社の子会社)のほか、日本のサハリン石油ガス開発社、ロシアのサハリン・モルネフテガスシェルフ社などがコンソーシアム形式で参加している。
  • 輸出用の天然ガスパイプライン輸送ルートは、中国と日本の間で綱引きやエクソンモービル社の意向により計画が錯綜しており、着工の目途は立っていない。
  • Odoptu OP-11油井は、坑道延長が12345mあり、人工的に掘削した世界最長の坑道となっている。ただし、水平方向に11475mあるため、深度ではコラ半島超深度掘削坑の12261mが最高である。

歴史[編集]

  • 1972年 日ソ経済合同委員会にて、当時のソ連側より開発プランが提案される。
  • 1974年 サハリン石油開発協力株式会社(SODECO)設立。
  • 1975年 SODECOとソ連外国貿易省は共同事業契約に調印
  • 1995年 ロシア政府と生産される原油、天然ガスの分与契約を締結。
  • 2005年に一部操業開始を目指していたが、建設スケジュールの遅延により後年にずれ込む見込み。
  • 2006年 サハリン東沖10kmのOrlan Platformから、サハリンを横断し、ロシア本土の不凍港デカストリまでのパイプラインが完了。

権利問題[編集]

  • 契約時に生産物分与協定が結ばれている。これは、プロジェクトに関するロシア側の参加条件(施設、労働力の提供等)、生産される原油、天然ガスの分与条件などを定めたものである。協定自体は未公開とされており、プロジェクトのリスクなどを不透明にさせている。
  • 2005年より顕著になった原油価格の高騰により、ロシア政府は分与契約の見直し、政府系エネルギー会社であるガスプロム社の参画などを目指しており、政治的な駆け引きが行われている。

関連項目[編集]