サネカズラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サネカズラ
Kadsura japonica
Kadsura japonica
Flora Japonica, Sectio Prima (Tafelband)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
: アウストロバイレヤ目 Austrobaileyales
: マツブサ科 Schisandraceae
: サネカズラ属 Kadsura
: サネカズラ K. japonica
学名
Kadsura japonica (L.) Dunal[1][2]
シノニム
  • Uvaria japonica L.

サネカズラ(実葛、学名Kadsura japonica (L.) Dunal[2])は、マツブサ科サネカズラ属分類される常緑つる性木本の1。別名、ビナンカズラ、サナカズラともいう。

名称[編集]

別名のビナンカズラ(美男葛)[3]の名は、若いつるから粘液をとって、昔は男性の髪付け油(整髪料)に使わていたことに由来する[4][5]。また、大阪ではビジョカズラ(美女葛)と称したともいわれている[5]。またサナカズラ(真葛)は、枝に粘液が含まれ、粘ることによるとされている[6]

分布と生育環境[編集]

中国南部、台湾日本に分布する[3]。日本では、本州関東地方以西)、四国九州沖縄に分布する[3]

暖地に自生し[7]丘陵山野広葉樹林の林縁、林床などで見られる[3][8]。庭木としてもよく植えられる[6]

特徴[編集]

常緑、または半常緑のつる性の本木で、他の植物に絡まって広がる[7]つるとなり、巻き方向は右から左へと巻き付き、丈夫で柔らかい[9]。春から夏にかけて、直立して茎を伸ばし、夏から秋にかけて生長したつるが縄のように絡まり合う[9]。つる性であるが、他のつる植物と比べてあまり巻き付く印象はなく、一般的な若木と見た目が紛らわしい[9]。つるが若いうちは、赤紫色で粘液を含んでいる[9]。つるが太くなるとコルク層が発達し、樹皮はゴツゴツした灰褐色になり、太さ2センチメートル (cm) ほどになる[9]

互生し、長楕円形から長卵形と葉形はさまざまで、長さ5 - 12センチメートル (cm) [6]。表面は濃緑色でやや光沢があり、葉質は厚みがあって柔らかく、なめし皮のような手触りがする[4]。葉縁には低い鋸歯があって日当たり具合などによって目立つものから目立たないものまで変異が大きい[7][4]。葉の裏面は、灰緑色でよく赤紫色の斑紋がでて紫色を帯びる[6][9]。葉柄は淡い紅色を帯びている[4]

雌雄異株、しばしば雌雄同株[4]。花期はの7 - 8月ごろで[8][9]、新枝の葉腋から、長さ2 cm前後の花柄が垂れ下がり、先端に1個の淡黄色の小さなを下向きに咲かせる[7][4]。花は葉の陰であまり目立たない[8]。 花は径は1 - 2 cmほどで、雌花はふつう雄花よりも小さい[4]花弁萼片の区別ははっきりせず、淡黄色をした9 - 15枚前後の白い花被片に包まれ、外側のものは内側よりも大きい[6][4]。雄株の雄花の中央に紅色の雄しべが球状に固まって集まり、雌株の雌花はの中央に淡緑色の雌しべの集合体があり、下部は子房になっていて、その側面から花柱が突き出している[4]

果期はから晩秋で、花が終わると長い花柄の先に、雌花の伸びた花床が球状にふくらみ、キイチゴを大きくしたようなツヤがある真っ赤な粒々の丸い集合果が、ぶら下がって実る[7][6][9]。果実の柄は伸びて7 cmになることもあり、より目につくようになる。果実は液果で、単果は径1 cmほどで、全体では3 cmほどになる[8]和菓子鹿の子餅を思わせる果実は、初冬の林縁でよく目立つ[8]。11月ころに熟すと[8]、果実は個々に落ちて、あとにはやはり真っ赤なふくらんだ花床が残る[10]種子は1つの液果に2 - 3個ずつ入っており、種子は長さ5 mmの腎臓形で、表面は光沢があり滑らかである[8]

栽培は、挿し木株分け繁殖させることができ、栽培に向いている[7]

利用[編集]

庭木盆栽(鉢植え)として利用されている[3]。つるは軟らかいので、材やの代用としても使われる[9]

生の茎葉から出る粘液を美男葛(びなんかずら)、赤く熟した果実を乾燥したものは南五味子(なんごみし)といい、生薬となる[7]。茎葉は、利用する都度に生のものを採取するか、夏に刈り取って陰干しして保存する[7]。果実は晩秋に熟した果実を採取し、天日で乾燥して保存する[7]。果実は、滋養強壮疲労回復に役立つものといわれ[7]漢方薬の五味子(チョウセンゴミシ)の代わりに使うこともある。本州の中北部に多いチョウセンゴミシの乾果は、五味子に近いが、酸味は弱い[7]

果実は食べても味はしないが[10]果実酒に利用できる。また、茎葉は2倍量の水に入れておくと粘液が出るので、その液を頭髪につけて、整髪料として利用できる[7]

文化・文学[編集]

奈良時代に成立した和歌集とされる『万葉集』や、中世に成立した『百人一首』にも登場し、古くから果実の美しさが人を惹きつけてきた[9]古歌には、しばしば「さねかづら」「さなかづら」として詠まれ、「さ寝」の掛詞として使われる。

サネカズラ属[編集]

サネカズラ属(サネカズラぞく、学名: Kadsura)は、マツブサ科に分類される1[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Kadsura japonica (L.) Dunal”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2013年10月26日閲覧。
  2. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “サネカズラ”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2018年1月10日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 林 (2011)、201頁
  4. ^ a b c d e f g h i 谷川栄子 2015, p. 33.
  5. ^ a b 山下智道 2018, p. 113.
  6. ^ a b c d e f 西田尚道監修 志村隆・平野勝男編 2009, p. 233.
  7. ^ a b c d e f g h i j k l 馬場篤 1996, p. 56.
  8. ^ a b c d e f g 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文 2018, p. 270.
  9. ^ a b c d e f g h i j 谷川栄子 2015, p. 32.
  10. ^ a b 谷川栄子 2015, p. 34.

参考文献[編集]

  • 馬場篤『薬草500種-栽培から効用まで』大貫茂(写真)、誠文堂新光社、1996年9月27日、56頁。ISBN 4-416-49618-4
  • 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文『増補改訂 草木の 種子と果実』誠文堂新光社〈ネイチャーウォッチングガイドブック〉、2018年9月20日、270頁。ISBN 978-4-416-51874-8
  • 谷川栄子『里山のつる性植物 観察の楽しみ』本間秀和(写真)、NHK出版、2015年6月20日、32 - 34頁。ISBN 978-4-14-040271-9
  • 西田尚道監修 志村隆・平野勝男編『日本の樹木』学習研究社〈増補改訂フィールドベスト図鑑 5〉、2009年8月4日、233頁。ISBN 978-4-05-403844-8
  • 林弥栄『日本の樹木』山と溪谷社〈山溪カラー名鑑〉、2011年11月30日、増補改訂新版。ISBN 978-4635090438
  • 茂木透写真『樹に咲く花 離弁花1』高橋秀男・勝山輝男監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2000年、390頁。ISBN 4-635-07003-4
  • 山下智道『野草と暮らす365日』山と溪谷社、2018年7月1日、113頁。ISBN 978-4-635-58039-7

関連項目[編集]

外部リンク[編集]