サティア・ナデラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サトヤ・ナデラから転送)
移動先: 案内検索
サティア・ナデラ
Satya Nadella.jpg
サティア・ナデラ
原語名 సత్య నాదెళ్ల
生誕 Nadella Satyanarayana
1967年8月19日
インドの旗 インドアーンドラ・プラデーシュ州ハイデラバード
住居 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ワシントン州ベルビュー
市民権 アメリカ合衆国
出身校 シカゴ大学 (経営学修士)
ウィスコンシン大学ミルウォーキー校 (コンピュータサイエンス修士)
Manipal Institute of Technology (工学士)
職業 マイクロソフト最高経営責任者クラウドエンタープライズグループのエグゼクティブバイスプレジデント
活動期間 1992-現在
活動拠点 インドアーンドラ・プラデーシュ州ハイデラバード
前任者 スティーブ・バルマー
配偶者 Anupama Nadella
子供 3
公式サイト Satya Nadella - Microsoft.com

サティア・ナデラ英語: Satya Nadella1967年8月19日 - )はアメリカ合衆国コンピューターソフトウェア大手企業マイクロソフト最高経営責任者(CEO)、同社クラウドエンタープライズグループのエグゼクティブバイスプレジデントを担当し、BingXboxMicrosoft Officeの最高責任者である。[1]

来歴[編集]

インドハイデラバードで生まれた。マンガロール大学電気工学学士号を取得した。本当はコンピューターサイエンスを学びたかったが、該当の学科がなかったので、電子工学を学んだ。学生時代はクリケットに夢中になり、そこでチームワークやリーダーシップについて学んだと語っている[2]

マンガロール大を卒業後、ウィスコンシン大学ミルウォーキー校情報科学修士号を取得し、シカゴ大学MBAを取得。妻と子供三人がいる[3]

1992年サン・マイクロシステムズからマイクロソフトに転職した[4][5]。なお、マイクロソフトからのオファーを受けた当時、彼はシカゴ大学ビジネススクールへMBA取得に向け通っていた。当時の生活は「金曜日の夜にシカゴへ飛び、土曜日のクラスに出席し、その後今週中に仕事に戻る為にレドモンドに戻る生活」であり、2年半かけてMBAを取得したと語っている[2]

サーバ部門、ビジネスソリューション部門などを経て、2008年、オンラインサービス部門の上級副社長に就任していた[4]2011年、サーバ&ツール部門社長に就任していた。2013年、同社のリストラを契機にして、クラウドやエンタープライズエンジニアリング部門の上級副社長に就任していた。2014年2月4日スティーブ・バルマーの退任後、最高経営責任者に就任し[6]ビル・ゲイツ、スティーブ・バルマーに次ぎ、歴代三代目のCEOになる[7]

エンジニア肌ながら、趣味はクリケットという一面も。“You're trying to take something that can be described in many, many sentences and pages of prose, but you can convert it into a couple lines of poetry and you still get the essence, so it’s that compression. The best code is poetry.”-Satya Nadella

日本語訳:あなたは途方もなく多くの文章や何ページもの散文で描写されうる何かを得ようとしているが、でも、あなたはそれをたった2,3行の詩に変えつつ今だその本質を得ることが出来る。そう、それがまさに要約というものだ。最高のコードは詩なのである。-サティア・ナデラ [8]

ちなみに、名前のSatyaは、サンスクリット語で”普遍/絶対的な真理/実在”などの意味を持つ。

脚注[編集]

  1. ^ サトヤ・ナデラ執行副社長がMicrosoftの新CEOに就任
  2. ^ a b loves cricket, despite Black Caps hammering India…
  3. ^ 米Microsoft、新CEOにクラウド担当副社長のSatya Nadella氏
  4. ^ a b マイクロソフト新CEOサティア・ナデラ氏とは?人物像を探る by 本田雅一
  5. ^ Satya Nadella 最高経営責任者(CEO) - マイクロソフト
  6. ^ Microsoft CEO - マイクロソフト
  7. ^ サトヤ・ナデラ
  8. ^ Satya Nadella Facebookページ

外部リンク[編集]