サットフィン・ブールバード駅 (INDクイーンズ・ブールバード線)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サットフィン・ブールバード駅
Sutphin Blvd
NYCS-bull-trans-F.svg
ニューヨーク市地下鉄
Platform at Sutphin Boulevard station, December 2017.JPG
東行ホーム
駅情報
住所 Sutphin Boulevard & Hillside Avenue
Queens, New York
クイーンズ区
地区 ジャマイカ
座標 北緯40度42分21秒 西経73度48分35秒 / 北緯40.705726度 西経73.809714度 / 40.705726; -73.809714座標: 北緯40度42分21秒 西経73度48分35秒 / 北緯40.705726度 西経73.809714度 / 40.705726; -73.809714
ディビジョン BディビジョンIND
路線 INDクイーンズ・ブールバード線
運行系統       F Stops all times (終日)
接続 バスによる輸送 NYCTバス: Q20A, Q20B, Q43, Q44 SBS, X68
バスによる輸送 MTAバス: Q40
構造 地下駅
ホーム数 相対式ホーム 2面
線路数 4線
その他の情報
開業日 1937年4月24日(82年前) (1937-04-24
利用状況
乗客数 (2017)1,338,831[1]減少 5.3%
順位 318位(425駅中)
次の停車駅
北側の隣駅 パーソンズ・ブールバード駅: F Stops all times
南側の隣駅 ブライアーウッド駅: F Stops all times

サットフィン・ブールバード駅(Sutphin Boulevard)はクイーンズ区のヒルサイド・アベニューとサットフィン・ブールバード交差点に位置するニューヨーク市地下鉄INDクイーンズ・ブールバード線の駅である。F系統が終日停車する。

歴史[編集]

駅は1937年4月24日にキュー・ガーデン-ユニオン・ターンパイク駅から169丁目駅まで延伸した際に開業した[2][3][4]

駅は75番街駅とともに1953年に40万ドルかけてホームが延伸された[5]

駅構造[編集]

G 地上階 出入口
M 改札階 改札、駅員詰所、メトロカード券売機
P
ホーム階
相対式ホーム、右側ドアが開く
南行緩行線 NYCS-bull-trans-F.svg コニー・アイランド-スティルウェル・アベニュー駅行きブライアーウッド駅
南行急行線 NYCS-bull-trans-E.svg ラッシュ時:通過
北行急行線 NYCS-bull-trans-E.svg ラッシュ時:通過 →
北行緩行線 NYCS-bull-trans-F.svg ジャマイカ-179丁目駅行きパーソンズ・ブールバード駅
相対式ホーム、右側ドアが開く
144丁目の階段

駅は相対式ホーム2面4線の駅で、急行線はラッシュ時のE系統が使用するのみである。駅ホーム及びメザニンの柱は青色、タイルは黄色であり、壁の駅名標は"SUTPHIN BLVD."とサンセリフ体で書かれている。

ホーム上全長に渡ってメザニンが設置されている。

出口[編集]

終日営業の改札は東端にあり、地上へはサットフィン・ブールバード-ヒルサイド・アベニュー交差点の南東、南西と148丁目-ヒルサイド・アベニュー交差点北西に1か所ずつ階段が接続している[6]

西端の改札は2003年以降は無人で、地上へは144丁目-ヒルサイド・アベニュー交差点南西と北東に階段が1つずつ接続している。

大衆文化の中で[編集]

1998年の映画星の王子 ニューヨークへ行くで、エディー・マーフィーが演じるキャラクター(アキーム)が彼と結婚し、アフリカの架空の王国であるザムンダに行くという彼の愛の関心を説得しようとしている。彼は彼女をブライアーウッド駅で追いついた。彼らは列車に乗り、次の停車駅である当駅で降りる[7]。列車を降りる時"Sutphin"の壁タイルを見ることができる。しかし、このシーンは、実際にはブルックリン区ホイト-スカーマーホーン・ストリーツ駅の未使用のホームと線路で撮影された。

脚注[編集]

  1. ^ Facts and Figures: Annual Subway Ridership 2013–2018”. メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ (2019年7月18日). 2019年7月18日閲覧。
  2. ^ Kramer, Frederick A. (1990) (英語). Building the Independent Subway. Quadrant Press. ISBN 978-0-915276-50-9. https://books.google.com/books?id=w8cDPQAACAAJ. 
  3. ^ Roger P. Roess; Gene Sansone (August 23, 2012). The Wheels That Drove New York: A History of the New York City Transit System. Springer Science & Business Media. pp. 416–417. ISBN 978-3-642-30484-2. https://books.google.com/books?id=qfZ0VxuLoc0C&pg=PA416. 
  4. ^ * Subway Link Opens Soon: City Line to Jamaica Will Start About April 24”. nytimes.com. The New York Times (1937年3月17日). 2015年6月27日閲覧。
  5. ^ Ingalls, Leonard (1953年8月28日). “2 Subway Lines to Add Cars, Another to Speed Up Service”. New York Times. https://timesmachine.nytimes.com/timesmachine/1953/08/28/83735052.pdf 2016年1月25日閲覧。 
  6. ^ MTA Neighborhood Maps: Jamaica”. mta.info. Metropolitan Transportation Authority (2015年). 2015年6月30日閲覧。
  7. ^ 'COMING TO AMERICA'”. Queens Chronicle. 2016年4月28日閲覧。

外部リンク[編集]