サッカロミケス科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サッカロミケス科
Saccharomycetaceae
S cerevisiae under DIC microscopy.jpg
分類
: 菌界 Fungi
: 子嚢菌門 Ascomycota
亜門 : サッカロミケス亜門 Saccharomycotina
: サッカロミケス綱 Saccharomycetes
: サッカロミケス目 Saccharomycetales
: サッカロミケス科 Saccharomycetaceae
G. Winter, 1881
標準属

サッカロミケス科(Saccharomycetaceae)は、サッカロミケス目に分類される酵母の一つで、出芽によって生殖を行う。この科の汎存種であり、多様な環境に生息し、とくに炭水化物の豊富な場所によく見られる[1]。明らかに経済的重要性のもっとも高い菌類である、出芽酵母Saccharomyces cerevisiaeはこれに属する。

[編集]

2007年現在の子嚢菌門の分類法によると、20の属があるがその中の数個(?マーク付加のもの)は不明確であり研究段階である[2]

出典[編集]

  1. ^ Cannon PF, Kirk PM. (2007). Fungal Families of the World. Wallingford: CABI. pp. 320–21. ISBN 0-85199-827-5. 
  2. ^ Lumbsch TH, Huhndorf SM. (2007年12月). “Outline of Ascomycota – 2007”. Myconet (The Field Museum, Department of Botany, Chicago, USA) 13: 1–58. http://www.fieldmuseum.org/myconet/outline.asp.