サセプタンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
物理学
ウィキポータル 物理学
執筆依頼加筆依頼
物理学
カテゴリ
物理学 - (画像
ウィキプロジェクト 物理学
サセプタンス
susceptance
量記号 B
次元 M−1 L−2 T3 I2
種類 スカラ
SI単位 S
テンプレートを表示

サセプタンス: susceptance)は、交流回路において位相を変化させる要素である。アドミタンス虚数成分と等しい。単位は国際単位系では、ジーメンス (S) が用いられる。かつては、パーミタンス[1]という言葉が用いられた。アドミタンスとの関係は以下のように表される。

j : 虚数単位
Y : アドミタンス
G : コンダクタンス
B : サセプタンス

アドミタンス並列回路において回路全体のアドミタンスを和で表すことができるので、サセプタンスは並列回路の計算に用いられる。また、インピーダンスZ = 1/Y であるので、コンダクタンスが0の場合はリアクタンス X = −1/B となる。

誘導性サセプタンス[編集]

理想的なインダクタンスから以下のように求められる。

L : 自己インダクタンス

容量性サセプタンス[編集]

理想的な静電容量から以下のように求められる。

C : 静電容量

脚注[編集]

  1. ^ : permittance

関連項目[編集]