不信の停止

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

不信の停止(ふしんのていし)または積極的な不信の停止(英語 willing suspension of disbelief)[1]とは人が作り話を鑑賞するとき、懐疑心を抑制し、それが現実ではないことを忘れ、創作された世界に入り込む様子を指す[2][3]サミュエル・テイラー・コールリッジが確立した概念とされる(初めて着想したのがコールリッジかどうかは不明)[3]。コールリッジはについての議論で用いた[4]が、小説のほか演劇にも適用される[3]。この言葉は以後広く人口に膾炙し、新聞やラジオでも特に断りなく用いられるようになった[5]

不信の宙づり[6]不信の休止[7][4]不信の念の停止[8]不信の自発的停止[3]懐疑の自主的中断[9]不信の中断[10]とも。

提唱者コールリッジの言葉を言い替えるなら、観客は劇の効果を楽しむことと引き換えに非現実的な内容を受け入れると言える[11]Marie-Laure Ryan英語版は不信の停止をごっこ遊びになぞらえ、現実世界とは別の世界を語る作品を現実世界であるかのようにして読者が受け入れることが不信の停止であると説明する[12]

語源[編集]

サミュエル・テイラー・コールリッジの1817年のBiographia Literaria英語版より[13]: ... my endeavours should be directed to persons and characters supernatural, or at least romantic, yet so as to transfer from our inward nature a human interest and a semblance of truth sufficient to procure for these shadows of imagination that willing suspension of disbelief for the moment, which constitutes poetic faith.

野中美賀子の日本語訳:...私の努力は、超自然的な少なくとも浪漫的な人物に向けられるべきであった。しかしそれも、想像力に生み出されるこれらの幻影に対し、一時的に不信の念を進んで停止させるほどの人間的興味と真実らしさを読者の内面から移すためであり、これが詩的信仰となるのである。[8]

コールリッジの議論は、詩に超自然的または幻想的な人物を登場させる場合、十分な「人間的興味と真実らしさ」をその人物に与えることによって、読者に「一時的に不信の念を進んで停止させる」ことができる、というものだった[3]

出典[編集]

  1. ^ 川口喬一岡本靖正『最新文学批評用語辞典』p.159
  2. ^ イェスパー・ユール『ハーフリアル: 虚実のあいだのビデオゲーム』(松永伸司 翻訳), p.228
  3. ^ a b c d e タン・ シゥージゥアン 治療的媒体としての夢幻能 平成28年度 学位(博士)論文
  4. ^ a b 福原麟太郎『文学要語辞典』1960年、「suspension of disbelief」
  5. ^ Michael Tomko, Politics, Performance, and Coleridge's "Suspension of Disbelief." Victorian Studies,Vol. 49, No. 2, Papers and Responses from the Fourth Annual Conference of the North American Victorian Studies Association, Held Jointly with the North American Society for the Study of Romanticism Annual Meeting (Winter, 2007), pp. 241-249 Published by: Indiana University Press. http://www.jstor.org/stable/4626281
  6. ^ http://artscape.jp/artword/index.php/%E4%B8%8D%E4%BF%A1%E3%81%AE%E5%AE%99%E3%81%A5%E3%82%8A
  7. ^ 丹羽佐紀 想像力と創造力 英語の詩作活動への取り組みについて より良い英詩理解のために 鹿児島大学教育学部教育実践研究紀要 24, 97-102, 2015
  8. ^ a b コールリッジの「老水夫行」における超自然(1) 野中美賀子:人間文化研究科年報 (奈良女子大学大学院人間文化研究科) , 第26号, pp.27-36
  9. ^ 長谷 海平 芸術を通じた教育の方法として捉える「映画の制作」 美術科教育学会誌2015 年 36 巻 p. 341-349
  10. ^ 牛島信明 セルバンテスとボルヘスの合い言葉 : 「不信の中断」(コールリッジ) 総合文化研究 (4), 27-41, 2001-03-25
  11. ^ John F. Murray Willing Suspension of Disbelief - New Roles for Violetta and Mimi Am J Respir Crit Care Med Vol 187, Iss. 5, pp 465–467, Mar 1, 2013
  12. ^ 岩松正洋「物語論の新展開と可能世界意味論 : マリーロール・ライアンの類型論を中心に」フランス語フランス文学研究 1996 年 69 巻 p. 61-72 doi:10.20634/ellf.69.0_61
  13. ^ 'Suspension of disbelief' - the meaning and origin of this phrase

関連項目[編集]