サザンクロス・レビューIII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

サザンクロス・レビューIII』は宝塚歌劇団の舞台作品。星組[1]公演。形式名は「ダンシング・ファンタジー[2]」。2003年[1]に上演された。

作・演出は草野旦[2]。併演作品は『蝶・恋(ディエ・リェン)[2]』。

公演日程[編集]

スタッフ[編集]

主な配役[編集]

  • カリオカの男S、ヴェノスアイレスの男S、リオの男S、フェスタの男S、歌手、ノニーノ、パレードの歌手 - 湖月わたる[2]
  • カリオカの女S、リオの女S、フェスタの女S、ファニータ、エトワール、パレードの歌手S - 檀れい[2]
  • カリオカの男A、マンボNo.1、ヴェノスアイレスの男A、リオの男A、クラプキ、フラーマ、パレードの男A - 汐美真帆[2]
  • カリオカの男A、ラテンの男S、ヴェノスアイレスの男A、リオの男A、マリポサ・シンガー、フラーマ、パレードの男A - 涼紫央[2]
  • カリオカの女A、ペペロッチ、リオの女、フェスタの女、アニタ、パレードの歌手 - 叶千佳[2]
  • パパロッチ、リオの男A、パレードの男A - 柚希礼音[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 90年史 2004, p. 170.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 90年史 2004, p. 171.

参考文献[編集]

  • 編集:森照実春馬誉貴子相井美由紀山本久美子、執筆:國眼隆一『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』宝塚歌劇団、2004年4月20日。ISBN 4-484-04601-6

外部リンク[編集]