ササシグレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ササシグレは、イネ栽培品種のひとつである。

概要[編集]

食味に優れる水稲ウルチ品種。

1950年代から1960年代にかけて宮城県を中心とした東北地方などで栽培されたが、いもち病に弱く、現在では一部の農家によって栽培が継続されているのみである。

名称は宮城県の民謡「さんさ時雨」に由来する。「ササニシキ」の交配親の一方である。

歴史[編集]

1940年昭和15年)に農林省農事試験場鴻巣試験地で「農林8号」と「東北24号」の人工交配が行われた[1]。「東北24号」は食味の良いことで知られる2大品種「旭」と「亀の尾」の子であり、「農林8号」もまた「旭」の子孫である。食味の改良は目標の一つだった。

この雑種第3代種子を宮城県岩沼町にあった宮城県立農事試験場が1943年(昭和18年)に貰い受け、1947年(昭和22年)に古川分場が育成を続けた。この品種は1949年(昭和24年)に「東北54号」として関係各県で系統適応性試験を受け、1952年(昭和27年)に水稲農林73号「ササシグレ」として命名登録された[1]

この年にササシグレは岩手県福島県山形県で奨励品種となり、翌年に宮城県でも奨励品種に指定された。この他には群馬県徳島県でも奨励品種となった。ササシグレはいもち病や倒伏に弱いという性質を抱えていたが、食味は優れていた。また収穫量が当時の普及品種より20パーセント多く、戦後の食糧難の時代である当時の時世の要求に合致するものでもあった。こうした理由からササシグレは急速に普及した。1957年(昭和32年)には稲の品種として東北地方の中で作付面積第1位となり、特に宮城県と岩手県南部、山形県庄内地方、福島県会津地方で広く栽培された[1]。主産地の宮城県では最盛期には水田面積の半数に作付けされたが、1964年(昭和39年)いもち病の大発生を期に後継品種となる「ササニシキ」にその座を譲った。

この時代は旧食糧管理制度のために全て混米であり、ササシグレ単品での消費者への供給は無く、その食味はあまり知られる事はなかった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『古川市史』第4巻 産業・交通534-537頁。

参考文献[編集]

  • 古川市史編さん委員会 『古川市史』第4巻 産業・交通 大崎市、2007年。