サグントゥム包囲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サグントゥム包囲戦
Hannibal route of invasion-en.svg
第二次ポエニ戦争要図
戦争第二次ポエニ戦争
年月日紀元前219年紀元前218年
場所サグントゥム
結果:カルタゴの勝利
交戦勢力
カルタゴ サグントゥム
指導者・指揮官
ハンニバル 不明
戦力
23000 11000
損害
ほぼ全滅
第二次ポエニ戦争

サグントゥム包囲戦(サグントゥムほういせん)は、カルタゴの将軍でヒスパニアを統治していたハンニバルが、共和政ローマの同盟国であるサグントゥム紀元前219年に包囲し、8か月後に陥落させた戦いである。この包囲戦の最中に、ローマ元老院はハンニバルとカルタゴに元老院議員の使者を送って抗議の意を示したが、カルタゴ側は拒否した。その後、ザクントゥムは紀元前218年に陥落し、住民は奴隷にされた。これを受けて、ローマ元老院はカルタゴに宣戦布告をし、第二次ポエニ戦争の始まりとなった。