サクプ・サバンジュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

サクプ・サバンジュ(Sakıp Sabancı)(1933年4月7日生、カイセリ - 2004年4月10日没、イスタンブール)は、トルコ実業家サバンジュホールディングの元会長。2004年に亡くなるまで、米ビジネス誌フォーブスの億万長者ランキング147位に入っていた。

生涯[編集]

1933年4月7日ハジュ・オメル・サバンジュ(1906-1966)とサドゥカ・サバンジュ(1910-1988)の第二子としてカイセリのアクチャクヤ村で誕生した。幼少期にアダナ市へ引っ越し、アダナ市で幼少期を過ごした。アダナ・イスメット・イノニュ小学校で勉強した。1948年に高校中退し、アクバンクインターン生として働き始めた。1950年に家族と共にイスタンブールのエミルガン、アトル・キョシュク(意:馬の荘)へ引っ越した。1957年叔母の娘であるトゥルカン・サバンジュと結婚した。1966年に父の死後、サバンジュ・ホールディングの会長を継承した。母と兄弟と共にハジュ・オメル・サバンジュ財団法人を設立した。この基金の創立目的に基づいて1999年にトルコで最初の私立大学であるサバンジュ大学を創立した。ボランティア活動家、慈善家として知られていた。アダナ市にトルコで最も大きいモスクの1つを建設させた他、数多くの学校や病院を設立した。 サクプ・サバンジュは腎臓ガンが原因でイスタンブール・アメリカン病院にて2004年4月10日朝5:55に亡くなった。2004年4月12日にサバンジュセンターに於ける政府主催の葬儀に約10万人もの参列者が集まり、ジンジルリクユ墓地へ埋葬された。

賞・勲章[編集]

名誉博士号[編集]

書籍[編集]

  • İşte Hayatım(1986年)
  • Para Başarının Mükafatıdır(1985年)
  • Gönül Galerimden(1988年)
  • Rusya'dan Amerika'ya(1989年)
  • Ücret Pazarlığı mı ? - Koyun Pazarlığı mı ?(1990年)
  • Değişen ve Gelişen Türkiye(1991年)
  • Daha Fazla İş Daha Fazla Aş(1993年)
  • Doğu Anadolu Raporu(1995年)
  • Başarı Şimdi Aslanın Ağzında(1998年)
  • Hayat Bazen Tatlıdır(2001年)
  • Sakıpname(2002年)
  • Bıraktığım yerden Hayatım
  • Her Şeyin Başı Sağlık