サキソフォン・コロッサス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サキソフォン・コロッサス
ソニー・ロリンズスタジオ・アルバム
リリース 1956年
録音 1956年6月22日
ジャンル ジャズ
時間 39:45
レーベル プレスティッジ・レコード
プロデュース ボブ・ウェインストック
専門評論家によるレビュー
テンプレートを表示

サキソフォン・コロッサスSaxophone Colossus)は、ジャズサックス奏者ソニー・ロリンズが、1956年プレスティッジ・レコードから発表したアルバム。発売直後から英米のメディアで絶賛され、ロリンズの名を一躍広めた。現在もロリンズの代表作に挙げられる。

解説[編集]

ロリンズの個性である、温かみのある演奏が存分に発揮された内容で、ジャズ初心者に薦められることの多いアルバム。

自作曲「セント・トーマス」は、カリプソに影響を受けた明るい曲で、タイトルの由来はセント・トーマス島。ロリンズの母方がヴァージン諸島出身ということもあって、ロリンズも幼い頃からカリプソに親しんできたという。その後長きに渡って、コンサートの重要なレパートリーとなり、2005年に行われた最後の日本公演でも演奏された。また、ケニー・ドリュージム・ホール寺井尚子等、多くのアーティストにカバーされている。ロリンズ自身も、1964年のスタジオ録音アルバム『ナウズ・ザ・タイム』でセルフカバーした。

「ストロード・ロード」は、1980年発表のアルバム『ラヴ・アット・ファースト・サイト』にも、アレンジを変えて収録。「モリタート」は、ミュージカル三文オペラ』の挿入歌をアレンジしたもの。

収録曲[編集]

  1. セント・トーマス - St. Thomas(Sonny Rollins)
  2. ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ - You Don't Know What Love Is(Raye, DePaul)
  3. ストロード・ロード - Strode Rode(S. Rollins)
  4. モリタート - Moritat(Brecht, Weill)
  5. ブルー・セヴン - Blue Seven(S. Rollins)

演奏メンバー[編集]