サガレン州派遣軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サガレン州派遣軍
創設 1920年大正9年)7月29日
廃止 1925年(大正14年)5月25日
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位
所在地 北樺太
最終上級単位 浦塩派遣軍
最終位置 北樺太
主な戦歴 シベリア出兵
テンプレートを表示

サガレン州派遣軍(さがれんしゅうはけんぐん)は、大日本帝国陸軍の一つ。

沿革[編集]

シベリア出兵時発生した尼港事件を受け、北樺太保障占領するため1920年(大正9年)7月に編成された。大正11年1月、陸軍傭入運送船の山下汽船「中華丸」が北緯50度線付近の樺太西岸中部・ピレオ岬沖の氷海中で航行不能となり、日本海軍砕氷艦大泊」 と水上機母艦若宮」の2隻が救援に向かっている。1925年(大正14年)5月に復員

軍概要[編集]

司令部構成[編集]

隷下部隊[編集]

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]