サカルトヴェロ憲法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サカルトヴェロ憲法
Constitution of Georgia (Country).jpg
サカルトヴェロ憲法
作成日 1995年7月2日
批准日 1995年8月24日
所在地 サカルトヴェロ議会英語版
作成者 サカルトヴェロ国家制憲委員会
署名者 サカルトヴェロ国家制憲委員会委員、サカルトヴェロ議会議員

サカルトヴェロ憲法(サカルトヴェロけんぽう、カルトリ語:საქართველოს კონსტიტუცია, サカルトヴェロス・コンスティトゥツィア)はサカルトヴェロ(ジョージアあるいはグルジアとも)の最高法規。サカルトヴェロ議会英語版によって1995年8月24日に採択、1995年10月17日に発布された。ソビエト連邦崩壊後の暫定基本法として制定された1992年11月の「国家権力に関する布告」に代わるものとされた。

制憲前史[編集]

新たな独立国家サカルトヴェロは、最初の民主的な選挙によりズヴィアド・ガムサフルディア大統領を選出したが、しかし1977年ソ連憲法を基礎として制定された1978年サカルトヴェロ・ソビエト社会主義共和国憲法の下で、国家はその機能を果たしていた[1]。共産党体制崩壊後の最初の議会は、憲法条文を大幅に改正せねばならなかった[1]。1992年2月、サカルトヴェロ国民議会(1990年に選出された暫定議会)は、1921年2月21日サカルトヴェロ憲法を、サカルトヴェロの効力ある憲法であると正式に認定した[1]。この宣言は、当時実効支配していた軍事評議会の議員3名の内、ジャバ・イオセリアニ英語版テンギズ・キトヴァニ英語版の2名の署名により、その適法性が認められた[1]。1993年2月、エドゥアルド・シェワルナゼは1921年憲法の全面改正を指示した[1]。膨大な章からなる憲法改正は受け入れられなかった。シェワルナゼは1993年12月、新憲法制定のための制憲委員会を設立することを提唱した[1]

2004年憲法改正[編集]

2004年1月4日、2004年サカルトヴェロ大統領選挙英語版に得票率96%でミヘイル・サアカシュヴィリが圧勝した。2月には大統領の議会に対する権限を強化し、首相職を創設する憲法改正案がすぐさま議会を通過した。ズラブ・ジワニアが首相、暫定大統領のニノ・ブルジャナゼが大統領報道官に就任した。

2010年憲法改正[編集]

2010年10月15日、サカルトヴェロ議会は賛成112、反対5で、首相や議会の権能を相対的に強める、次期大統領から権限を弱める憲法改正案を採択した。新憲法は2013年サカルトヴェロ大統領選挙英語版に勝利したギオルギ・マルグヴェラシヴィリの就任とともに[2]、2013年11月17日に施行された[3]

関連図書[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f Slider, Darrell (1995), Curtis, Glenn E., ed., Armenia, Azerbaijan, and Georgia : country studies, Area Handbook Series (1st ed.), Washington, D.C.: Federal Research Division, Library of Congress, pp. 218, https://www.loc.gov/item/94045459/ 
  2. ^ New Constitution Adopted. シヴィル・ジョルジア. October 15 2010
  3. ^ Walker, Shaun (2013年10月28日). “Georgia elects oligarch PM Bidzina Ivanishvili's candidate as president”. ガーディアン. http://www.theguardian.com/world/2013/oct/28/georgia-elects-ivanishvili-margvelashvili-saakashvili 2013年10月28日閲覧。