サカリヤ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Flag of Turkey.svgSakarya ili
サカリヤ県
Acarlar longoz.jpg
サカリヤ県の位置
サカリヤ県の位置
概要
地方: マルマラ地方
県都: アダパザル
県番号: 54
面積: 4,823 (km2)
人口: 1,042,649 2020年
人口密度: 216 人/km2
自治体数: 16
Location ofサカリヤ県の位置

サカリヤ県の自治体
市外局番: 0264
知事:
Çetin Oktay Kaldırım
公式サイト:

サカリヤ県(サカリヤけん、トルコ語: Sakarya ili)は、トルコ北西部、マルマラ地方。北は黒海に接しており、東から、デュズジェボルビレジクブルサコジャエリの各県と接している。北部は黒海海岸になっている。黒海地方にも同名の町がある。サカリヤ川は波打った河口の美しい風景を生み出している。サカリヤ大都市自治体とは同一の範囲である[1]。県都は県名と違いアダパザルである。県都と県名が違う件はトルコでは4県のみである。

黒海とも近いため気候は典型的な地中海性気候である。寒くなることはなく、冬は雨と晴れが交互に来る。夏は暖かく、心地よい。河川のおかげで非常に肥沃な土地であり、農業が盛ん。サカリヤにはアンカラ-イスタンブール高速道路が通っており、これは鉄道、空港などとの接続も良い。イスタンブールには一番近い空港がある。旅客に良い様々な場所はイスタンブールから簡単に来ることができる。

歴史[編集]

サカリヤが最初に歴史に見られるのは378年である。この地域はフリッグ、バリスィアン、キンメリアリディアペルシャローマビザンチンオスマン帝国と支配者を変えた。

中でもサカリヤの伝承にはローマやビザンチンの物がおおい。最も重要な歴史建築はベシュキョプリュ橋である。553年にビザンチン帝国のユスチニアヌス帝が建てたものであり、ユスチニアヌス橋とも呼ばれる。

2000年にアダパザルは大都市自治体に指定され[2]、2008年に大都市自治体の名称はサカリヤに改称した[3]2012年の大都市自治体の指定範囲拡大により、サカリヤ県とサカリヤ大都市自治体は同一の範囲となっている[4]

下位自治体[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Başbakanlık Mevzuatı Geliştirme ve Yayın Genel Müdürlüğü”. www.resmigazete.gov.tr (12/11/2012). 2022年2月7日閲覧。
  2. ^ SAKARYA İLİNDE BÜYÜK ŞEHİR BELEDİYESİ KURULMASI HAKKINDA KANUN HÜKMÜNDE KARARNAME” (トルコ語) (2000年). 2022年2月7日閲覧。
  3. ^ BÜYÜKŞEHİR BELEDİYESİ SINIRLARI İÇERİSİNDE İLÇE KURULMASI VE BAZI KANUNLARDA DEĞİŞİKLİK YAPILMASI HAKKINDA KANUN” (トルコ語) (6/3/2008). 2022年2月7日閲覧。
  4. ^ Başbakanlık Mevzuatı Geliştirme ve Yayın Genel Müdürlüğü”. www.resmigazete.gov.tr (12/11/2012). 2022年2月5日閲覧。