サウンドハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社サウンドハウス
Sound House Incorporated
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
286-0825
千葉県成田市新泉14-3
設立 1994年
業種 卸売業
法人番号 6040001046181
事業内容 業務用音響機器、楽器・照明機器の輸入、及び販売
代表者 代表取締役 中島尚彦
資本金 3億9,000万円
従業員数 140名
外部リンク http://www.soundhouse.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社サウンドハウスは、千葉県成田市にある、業務用音響機器、楽器舞台照明機器の輸出入及び販売を手がけるネット通販会社。1993年創立、1994年に設立。

概要[編集]

同社は日本国内において音響照明機器の通信販売大手企業である[1]。また、同社の売り上げの約7割を通信販売が占めている。ベリンガーRØDEマイクロフォンエティモティック・リサーチCARVIN、Celestion、Dean Zelinsky英語版、TC ELECTRONIC、Pearl River英語版などの代理店を務める。

CLASSIC PRO(音響機器)、STAGE EVOLUTION(ステージ機器)、ZENN(アコースティック楽器)、PLAYTECH(電気楽器LED照明機器)といった独自ブランドも展開する。これらブランドは、明示されてはいないが実質いわゆる「自社ブランド」であり、メーカーからのOEMである。

2008年、中国からのサイバーテロによってSQLインジェクション攻撃され延べ97,500名分のクレジットカード番号を含む個人情報が流出した。当時の加盟していたクレジット会社JCB側はクレジットカード情報が流失した顧客からの問い合わせの対応に準備が必要であり公表をしばらく控えるという方針であったが、サウンドハウス側は被害にあった顧客に随時連絡し、ホームページ上で被害状況を情報公開をしたため、JCBと事故対応の方法で決裂し加盟店契約を解除された[1][2]。以後、7年間クレジットカードによる決済を休止していた。

2009年、成田市不動ヶ岡より、成田市新泉(野毛平工業団地内)に、事務所、ショールーム、及び物流倉庫を移転した。同年成田市にある中台運動公園ネーミングライツを取得、「サウンドハウススポーツセンター」として、2013年度(2014年3月末)まで5年間3500万円で契約を結んだが、2011年2月18日、前年開催のマラソン大会の応募パンフレットで、本来命名権名称のみを使うべきを正式名も併記したことで、成田市に対し契約違反があったと指摘。契約期間3年を残し、2010年度末を持って契約を破棄した[3]2013年、徳島に物流倉庫を設立。

2015年には、札幌で結成されたロックバンド「ナイトdeライト」の3rd Album『Familia』のスポンサーとして、ナイトdeライトに100万円分の機材提供をし、同年5月にサウンドハウス内でナイトdeライトのライブが行われた。2015年9月、インターネットセキュリティシステムを強化したとしビザマスターカードと契約し、JCBとは再契約せずクレジットカード決済を再開させる。[4]

自社プライベートブランド[編集]

サウンドハウスがメーカーのOEMで販売している自社ブランド。

  • Classic Pro
  • Stage Evolution
  • ZENN
  • Playtech

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]