サウンズ・ウィズ・コーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

サウンズ・ウィズ・コーク(Sounds with Coke)』は、コカ・コーラボトラーズ[脚注 1][1]一社提供による音楽番組である。

同番組は日本コカ・コーラ協賛、Japan Radio Network(JRN)の地方基幹局HBCTBCTBSCBCABCRCCRKB)が主催して行った「フレッシュサウンズコンテスト(フレコン)」の協賛番組として1977年の同コンクール初回から1991年ごろまで、週末の土曜、または日曜の夜放送された。

同番組は1時間の番組を、TBSラジオ制作・JRN基幹局共通ネットのパートと、各ネット局が個別に異なる内容を放送する企画ネットのパートの2本立てで構成されていた[2]。番組のコンセプトとしては、「フレコン」の各地方・ブロックコンクール、全国コンクールに出場したアマチュアバンド・歌手の演奏・歌唱の披露が中心で、主に地方・ブロックコンクールの模様は企画ネットパートで、全国コンクールは全国ネットパートで放送されたほか、全国ネットパートでは著名な音楽家がパーソナリティーを務めて、特定の楽曲やアーチストの特集などを行っていた。フレコンの終了とともに1990年度ごろこの番組も終了した。

このような日本コカ・コーラ1社協賛によるネット番組は、この番組終了後、『STUDIO C2 SQUARE』(1991年度~1993年度)でも踏襲されたが、この時は企画ネットパートのみで全国共通ネットのコーナーはなかった。その後1994年度の『清水圭のガッコーの人気者』では全国共通ネットのみとなり、1995年度から1998年度までは全国ラジオネットワーク(NRN)にスポンサー枠ごと移動し、『Coke Teens Club』として再び企画ネット番組に移行し、1998年度で終了している。

全国パートの主なディスクジョッキー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 厳密には、TBSラジオとABCラジオが全国統括本部である日本コカ・コーラ、その他の各ネット局はそれぞれの地区ごとのボトラー(フランチャイジー)の協賛だった。

出典[編集]

  1. ^ HBCは北海道コカ・コーラ。TBCは仙台コカ・コーラ。CBCは中京コカ・コーラ。RCCは山陽コカ・コーラ。RKBは北九州コカ・コーラ
  2. ^ a b 松尾潔のメロウな日々・【短期集中企画:本ができました!】Part 35
  3. ^ 河合奈保子ファンサイト・今週のスポット・ライト2月16日バージョン
  4. ^ 山下達郎オンエアデータベース・サウンズ・ウィズ・コーク1982年同1983年
  5. ^ ラジパラ目次データベース1987年(7月号の件に言及あり)
TBSラジオJapan Radio Network基幹局 コカ・コーラボトラーズ1社協賛枠(1978年4月~1991年3月ごろ)
前番組 番組名 次番組
創設前
サウンズ・ウィズ・コーク
(基幹局共通ネット番組と企画ネット番組の混成編成)