サウザンドメモリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サウザンドメモリーズ
ジャンル RPG
対応機種 Android 4.0以降
iPhone 4S以降
開発元 アカツキ
発売元 アカツキ
プロデューサー 藤田真也
ディレクター 柿沼睦子
シナリオ 大泉貴( - 2015年3月31日[1]
音楽 いとうけいすけ
メディア ダウンロード
発売日 iOS
日本の旗2013年11月22日
中華民国の旗2014年7月16日
中華人民共和国の旗2014年9月20日
Android
日本の旗2013年12月20日
中華民国の旗2014年7月16日
中華人民共和国の旗2014年9月20日
テンプレートを表示

サウザンドメモリーズ』は、株式会社アカツキにより制作・配信されるスマートフォン専用ロールプレイングゲームである。略称は「千メモ」。

概要[編集]

2013年11月にiPhone・Android向けにリリースされた[2][3]。多数の声優陣による全キャラクター完全フルボイス化や、密度の濃い王道的なファンタジーストーリー、聞き入るように作られた音楽を売りとしている[4]。 同色のキャラクターを一筆書きのように繋ぐことで敵に攻撃し倒すことによりストーリーを進めていく「キャラリンクRPG」となっている。

日本語版のほか、台湾・香港・マカオ向けに繁体字版「萬千回憶」を2014年7月より、中国大陸向けの簡体字版「万千回忆」も2014年9月より配信されている。[5]

ストーリー[編集]

人々は魔王バーディアが率いる魔族たちと戦争状態であった。500年前、騎士シードはあと一歩というところまで魔王を追いつめたが、裏切りにより討伐は失敗する。

しかし、魂を宿した千本の武器である「サウザンドメモリーズ」との約束により500年後に冒険者として転生し、再度魔王討伐を目指す。

システム[編集]

「リターナー」と呼ばれるキャラクター9人を、横3列・縦3列に配置して赤・青・黄色・緑・♡の5色の陣の上に立たせ、同じ色のキャラクターを1つ以上スワイプ操作によりつなげて敵に攻撃するという操作方法をとる。

1回のステージにつき1 - 9回程度の戦闘を、所持するリターナーから編成した自軍9人に加え、フレンドやゲストキャラクターと合わせて12 - 13人のリターナーで行う。自軍3人、およひフレンド1人はスキルを使うことが可能であり、更に自軍とフレンドのトップ一体はリーダースキルが適用される。

リターナーや、装備させることでステータスを向上させる武具は、ガチャや「探索」によってランダムに入手することができるほか、一部のシナリオをクリアすることによっても入手が可能である。

登場人物[編集]

冒険者
シードの転生者であり、プレイヤーの分身。一部のシナリオを除き、ゲーム中に画像や台詞として登場することはない。
トト
- 斎藤千和
500年前にシードのお供をしていたという、ネコのような外見の精霊。ストーリーの主人公代わりとして登場することも多い。「探索」と呼ばれる一定時間後にアイテムを収集するシステムにおいても活躍する。
アーサー
声 - 沢城みゆき
ストーリー第1部に登場する騎士。アプリのアイコンにもなっている。ギルナ王国出身であり、祖国を救うため旅をしている。ストーリーが進むと正体はギルナ王女アイシャであることが明らかになるが、男性リターナー扱いとなっている。
ドレイク
声 - 藤原啓治
第1部から登場する傭兵。かつては王立騎士団の隊長をしていたという。随所で冒険者を助ける。
ルピナ
声 - 瀬戸麻沙美
先祖からの使命を成就するため旅している魔導士。第2部から登場。かつてシードと共に旅をした大魔導士モルガン・クラフトが作った武具が、リターナーとして転生した。
ノーゲル
声 - 杉田智和
第3部で冒険者を助ける研究者。トトの恩師。

開発[編集]

ストーリーはライトノベル作家の大泉貴が担当している(2015年3月31日まで)。元々大泉は本作品の開発会社であるアカツキの別のプロジェクトにかかわっていたが、2013年の夏から本作品に参加し、世界設定・ストーリー・キャラクター設定を担当している[6]

関連商品[編集]

小説
  • サウザンドメモリーズ 転生の女神と約束の騎士たち(2014年6月23日発売、著者:大泉貴、イラスト:ねりま宝島社
  • サウザンドメモリーズ 天駆ける鳳、極光の桜(2018年3月30日発売、著者:田口仙年堂、イラスト:風間雷太ファミ通文庫
  • サウザンドメモリーズ 夢幻の果て、九頭の蛇(2018年8月30日発売、著者:田口仙年堂、イラスト:風間雷太、ファミ通文庫)
サウンドトラック
  • サウザンドメモリーズ オリジナルサウンドトラック Vol.1(ダウンロード版:2015年5月13日発売、CD版:2015年7月22日発売)
  • サウザンドメモリーズ オリジナルサウンドトラック Vol.2(2016年9月20日発売、ダウンロード販売)
  • サウザンドメモリーズ オリジナルサウンドトラック Vol.3(2016年9月20日発売、ダウンロード販売)
  • サウザンドメモリーズ オリジナルサウンドトラック Vol.4(2017年11月24日発売、ダウンロード販売)
  • サウザンドメモリーズ オリジナルサウンドトラック Vol.5(2017年12月1日発売、ダウンロード販売)
  • サウザンドメモリーズ オリジナルサウンドトラック Vol.6(2017年12月8日発売、ダウンロード販売)
  • サウザンドメモリーズ オリジナルサウンドトラック Vol.7(2017年12月15日発売、ダウンロード販売)
  • サウザンドメモリーズ オリジナルサウンドトラック Vol.8(2017年12月22日発売、ダウンロード販売)
アートブック
  • サウザンドメモリーズ-オフィシャルビジュアルワークス-(2017年9月27日発売、KADOKAWA[7]
LINEスタンプ
  • 千メモ オリジナルスタンプ vol.1(2017年11月22日発売)

関連項目[編集]

  • テイルズ オブ リンク - 『サウザンドメモリーズ』に近いシステムを用いたスマートフォン用ゲーム。一部システムに違いがある[8]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ シナリオ担当大泉貴よりのご報告”. 千メモ公式サイト (2015年3月31日). 2017年1月8日閲覧。
  2. ^ 事前登録者数25000人超!『サウザンドメモリーズ』本日(11/22)よりiOSで配信開始”. 株式会社アカツキ (2013年11月22日). 2016年12月29日閲覧。
  3. ^ Android版「サウザンドメモリーズ」ついに配信開始! 事前登録者数20,000人超え!”. 株式会社アカツキ (2013年12月20日). 2016年12月29日閲覧。
  4. ^ 祝1周年!『サウザンドメモリーズ』ユーザーたちのほとばしるお祝いメッセージまとめ”. ファミ通App (2014年11月21日). 2016年12月29日閲覧。
  5. ^ アカツキ、「サウザンドメモリーズ」の簡体字版を中国大陸向けに提供開始”. 株式会社アカツキ (2014年9月19日). 2016年12月29日閲覧。
  6. ^ 小説版『サウザンドメモリーズ』の作家・編集者に聞くゲームアプリのノベライズのポイント 単体の小説としての面白さを追求 販売好調で第2弾の話も浮上”. Social Game Info (2014年7月14日). 2017年1月8日閲覧。
  7. ^ A4判500P超! 『千メモ』初の公式アートブックが9月27日に発売”. 電撃オンライン (2017年9月9日). 2018年10月2日閲覧。
  8. ^ 【インタビュー】ついにベールを脱いだ『テイルズ オブ リンク』 4人のキーマンを直撃”. ファミ通app (2014年2月17日). 2017年1月8日閲覧。

外部リンク[編集]