サイゴン動植物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
正面入口
植物園の様子
植物園の池

サイゴン動植物園(さいごんどうしょくぶつえん、ベトナム語: Thảo Cầm Viên Sài Gòn / 草禽園柴棍)は、ベトナムホーチミン市にある動物園植物園。同じ園内に歴史博物館、フンブーン廟とともにある。

施設[編集]

世界で最も古い動物園のひとつとして広く内外に知られており、現在約140年の歴史を持つ。夜間も開園し市民の憩いの場となっている。現在の形になるまでにはさまざまな変遷を経ており、特に植物園はかつてはアジア有数の素晴らしいさと評されたが、ベトナム戦争中に破壊され、現在に至るまで修復が続けられている。動物園には珍しいコビトカバをはじめゾウトラなどの哺乳類のほか爬虫類鳥類などが、植物園には希少なランをはじめと、熱帯植物を中心に集められている。ゾウは餌付けができ、園内で売られているサトウキビを観客からもらい食べる姿が鑑賞できる。

1927年11月27日、隣接する敷地にフランス政府はブランシャール・デ・ラ・ブロス(Blanchard de la Bross)と呼ばれる博物館を建設した。同年には、日本政府により900本以上の珍しい植物が寄贈されている。1956年サイゴン政府はランシャール・デ・ラ・ブロスを改築し、サイゴン国立博物館(歴史博物館)と名称を変え現在に至っている。

入場[編集]

  • 7:00-20:00(土・日曜は22:30まで開園)
  • 休日なし。
  • 入園料:12000ドン(子供の入場は6000ドン)

参考文献[編集]

参考サイト[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯10度47分16.9秒 東経106度42分17.5秒