サイイド・アフマド・ハーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サイイド・アフマド・ハーン

サイイド・アフマド・ハーン(Sayyid Ahmad Khan, 1817年10月7日 - 1898年3月27日)は、インドムスリム思想家。

生涯[編集]

サイイド・アフマド・ハーン

1817年10月7日ムガル帝国の首都デリー生まれた。彼の家系はムガル帝国に仕える貴族の家系であった。

1857年にインド大反乱が勃発すると、イギリス東インド会社の官吏らを助けた。反乱鎮圧後は欄の原因に関して考察している。

1875年アリーガルにムハンマダン・アングロ・オリエンタル・カレッジ(Mohammedan Anglo Oriental College、のちのアリーガル・ムスリム大学)を設立した。

1898年3月27日、アリーガルで死亡した。

出典[編集]

参考文献[編集]

  • フランシス・ロビンソン; 月森左知訳 『ムガル皇帝歴代誌 インド、イラン、中央アジアのイスラーム諸王国の興亡(1206年 - 1925年)』 創元社、2009年 
  • バーバラ・D・メトカーフ、トーマス・D・メトカーフ; 河野肇訳 『ケンブリッジ版世界各国史 インドの歴史』 創士社、2009年 

関連項目[編集]