ゴールドマン・バンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゴールドマン・バンドGoldman Band)は、かつてアメリカ合衆国に存在した吹奏楽団エドウィン・フランコ・ゴールドマン英語版が設立したニューヨーク・ミリタリー・バンド(New York Military Band)を前身として、1918年に創設[1]ニューヨークに拠点を置いていた。

概要[編集]

ゴールドマン・バンドの最初の演奏会は1920年にコロンビア大学で行われた。プログラムはゴールドマンが選んだ編曲作品吹奏楽オリジナル作品で構成され、J.S.バッハヴィクター・ハーバートエドワード・マクダウェルヨハン・スヴェンセンアンブロワーズ・トマリヒャルト・ワーグナーカール・ミヒャエル・ツィーラーらの作品が演奏された。

ゴールドマン・バンドは、前身のニューヨーク・ミリタリー・バンド時代を含め、93年間にわたって、ニューヨーク市内の公共の場で無料で公演を行った。公演は、グリーンズ・アット・コロンビア(the Greens at Columbia)、セントラル・パーク、プロスペクト・パーク(Prospect Park)[1]リンカーンセンターのグッゲンハイム・バンドシェル(Guggenheim Bandshell)でも行われた。著名な奏者や歌手との共演を行い、パーシー・グレインジャーやヴィヴィアン・ダン(Vivian Dunn)を客演指揮者として迎えた。吹奏楽のための古典的な作品のみならず、新たに作曲された作品も演奏された。ゴールドマンは、オットリーノ・レスピーギアルベール・ルーセルヤロミール・ヴァインベルゲルら欧州の作曲家に吹奏楽編成の作品を委嘱した。著名な音楽家との共演やグッゲンハイム財団(Guggenheim Foundation)からの寄付で、ゴールドマン・バンドは、ニューヨークでの演奏活動に加え、米国やカナダでのツアーや、ラジオやテレビへの出演も行った。

1983年、グッゲンハイム財団がその寄付先を社会問題に絞りゴールドマン・バンドへの援助を打ち切ったことから[2]、同バンドは新たな資金調達を求めなければならなくなったため、活動期間を7週間に限定し、その間に35回の演奏会を行うこととした。

指揮者[編集]

エドウィン・フランコ・ゴールドマンが1956年に78歳で死去すると、息子のリチャード(Richard Franko Goldman)が跡を継いで指揮者に就任するも1979年に辞任、翌1980年に死去[1]。1968年から共同指揮者の座にあったエインズリー・コックスが、1988年に死去するまで首席指揮者を務めた[3]。以後、ジーン・ヤング(Gene Young)(1988〜1997年)、デビッド・イートン(David Eaton)(1997〜2000年)、クリスティアン・ウィルヘルム(Christian Wiljelm)(2000年〜活動停止まで)が指揮者を務めた[4]

初演作品[編集]

数々の著名な作曲家がゴールドマン・バンドのために作曲を行っている[4]

編成[編集]

1930年から1956年にかけて、以下の64名で編成されていた。

活動停止[編集]

2005年4月、同バンドの理事会は団員側の委員会に対し、定数を5名減少させ48名とすること(ただし理事会側は現有45名の団員には影響は無いと主張)、理事会メンバーから団員を除くこと、出演料を減額させること等の条件を提示した[6]。委員会は5月22日にこの提示を拒絶[7]、5日後の5月27日にゴールドマン・バンドは活動を停止し、その87年の歴史に幕を下ろした[7][8]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Hinckley, David (2004年6月7日). “On the mall: Edwin Franko Goldman”. New York Daily News. http://www.nydailynews.com/city_life/big_town/v-bigtown_archive/story/200650p-173217c.html 
  2. ^ FOUNDATION HALTS SUPPORT FOR GUGGENHEIM BAND
  3. ^ John Rockwell (1988年9月7日). “Ainslee Cox, 52, A Longtime Leader Of Goldman Band”. The New York Times. https://www.nytimes.com/1988/09/07/obituaries/ainslee-cox-52-a-longtime-leader-of-goldman-band.html 
  4. ^ a b The Goldman Memorial Band - A Brief History”. The Goldman Memorial Band Musician's Web Pages. 2005年12月25日閲覧。
  5. ^ Arnold Schönberg - Catalogue of Works”. Theme and Variations for Full Band, op.43a. 2007年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年12月26日閲覧。
  6. ^ Goldman Band Shuts Down”. Allegro. Associated Musicians of Greater New York (2005年7月). 2015年9月3日閲覧。
  7. ^ a b Goldman Band Closes Down”. New York Times (2005年5月27日). 2013年3月16日閲覧。
  8. ^ The End”. The Goldman Memorial Band Musician's Web Pages. 2005年12月25日閲覧。

外部リンク[編集]