ゴーターバヤ・ラージャパクサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Example.of.complex.text.rendering.svg この項目にはブラーフミー系文字(インド系文字)が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします詳細
ゴーターバヤ・ラージャパクサ
ගෝඨාභය රාජපක්ෂ
கோட்டாபய ராஜபக்ச
Nandasena Gotabaya Rajapaksa
Nandasena Gotabaya Rajapaksa.jpg

任期 2019年11月18日2022年7月15日[note 1]

出生 (1949-06-20) 1949年6月20日(73歳)
Flag of Ceylon (1951–1972).svg セイロンハンバントタ県
政党 スリランカ人民戦線 (SLPP)
配偶者 Ayoma Rajapaksa
親族 (父)D・A・ラージャパクサ
(兄)マヒンダ・ラージャパクサ

ゴーターバヤ・ラージャパクサシンハラ語: ගෝඨාභය රාජපක්ෂ, タミル語: கோட்டாபய ராஜபக்ச, 英語: Nandasena Gotabaya Rajapaksa, 1949年6月20日 - )は、スリランカ政治家。第8代大統領を務めた。第6代大統領マヒンダ・ラージャパクサの弟で、マヒンダ政権下では国防・都市開発次官を務めた[1]

日本語での表記としては、ゴーターバヤ・ラージャパクサ[2]の他、ゴータバヤ・ラージャパクサ[3]ゴタバヤ・ラジャパクサ[4]などが存在する。

来歴[編集]

ゴーターバヤはスリランカ南部の著名な政治家の家系に生まれた。コロンボアナンダ・カレッジで学んだ後、1971年セイロン陸軍に入隊。陸軍訓練所で士官訓練を受け、初めは通信将校 (signals officer) に、次いで歩兵連隊に配属された。1983年に勃発したスリランカ内戦においては、ガジャバ連隊英語版を指揮して初期の主要な戦闘に参加した他、1987年に発生したスリランカ人民解放戦線の反乱鎮圧にも関わっている。その後は軍を早期退役し、情報技術の分野に移り、1998年にはアメリカに移住した。

2005年にスリランカに帰国すると、兄マヒンダの大統領選を支援、マヒンダ政権の国防次官に任命された。ゴーターバヤの在任中の2009年スリランカ軍は仇敵であるタミル・イーラム解放のトラ (LTTE) を打ち破り、指導者ヴェルピライ・プラバカランを殺害、26年にわたった内戦に勝利した。一方で、2006年にはLTTEの自爆テロにより暗殺のターゲットとされた。内戦後、ゴーターバヤは様々な都市開発プロジェクトを立ち上げている。2015年の大統領選でマヒンダが敗れると、彼もその地位を退いた。

大統領[編集]

2018年になり、翌年の大統領選の候補として浮上。民族主義と経済発展、国家安全保障を争点に多数派のシンハラ人の票を集め、第8代大統領に就任した。ゴーターバヤは議員を経ずに大統領となった初の人物である。就任後、兄マヒンダを首相に任命した[5]2020年には8月の議会選挙圧勝を受けて憲法改正へ踏み切り、大統領の権限を強化した。内閣には親戚4人を入閣させるなど、権力が集中しつつあると言われている[6]

外交政策はインド寄りの前政権と異なり、親中国色を鮮明にしてきた。2021年2月には日本とインドの三か国で進めてきたコロンボ港東コンテナターミナルの開発を白紙撤回。自国で行う方針に変更した上で、同年11月、再開発事業は中国企業に発注された[7]

2022年3月31日計画停電など経済的な混乱を契機に数百人の市民が大統領の邸宅を包囲。付近にあったバスが放火されるなど一帯が騒然となった[8]。翌4月1日、大統領は治安当局に広範な権限を与える非常事態宣言を発令した[9]。さらに4日までに経済混乱の責任を取る形で、大統領と首相を除く全閣僚およびスリランカ中央銀行総裁が辞任した[10]。しかし4日に財務大臣に就任したアリ・サブリ英語版は1日で辞任し[11]、非常事態宣言も5日午前0時をもって撤回に追い込まれ、議会からの辞任圧力が強まった[12]。4月8日になってサブリの財務大臣辞任を拒否し、サブリはそのまま続投することとなった[13]。労働組合などが大規模なストライキを各地で実施するなどしたため、5月6日に再び非常事態宣言を発令した[14]

2022年5月にラニル・ウィクラマシンハを首相を据え経済危機への対処にあたったが状況は好転せず、7月9日にラージャパクサの辞任を求めるデモ隊が大統領公邸の敷地内に侵入し占拠[15]。ラージャパクサは事前に安全な場所に退避し難を逃れたものの[15]、13日に辞任する意向を固めたと報じられた[16][17]。辞任当日の7月13日未明に家族とともに軍用機でモルディブへ脱出した[18]。政権は事実上崩壊したが事前に予定されていた13日に辞任表明は行わず[19]、14日にはシンガポールに移動し、国会議長宛に送付した電子メールで大統領辞任を表明[20]。15日に正式に大統領を退任した[21]

2022年8月11日は滞在の査証が期限切れとなるシンガポールからタイ王国に移動したが政治亡命は求めなかった[22]。将来的にはスリランカへ帰国するとの可能性も報じられている[23]

脚注[編集]

  1. ^ 2022年7月13日をもって国外に出国。

出典[編集]

  1. ^ ゴタバヤ・ラージャパクサ・スリランカ国防・都市開発次官による玄葉外務大臣への表敬”. 外務省 (2012年3月23日). 2019年11月18日閲覧。
  2. ^ 荒井悦代. “大統領と首相の亀裂が露呈:2016年のスリランカ”. JETRO. 2019年11月18日閲覧。
  3. ^ 荒井悦代「2018年のスリランカ 大統領による前代未聞の政変」『アジア動向年報』第2019巻、日本貿易振興機構 アジア経済研究所、2019年、 541-564頁、 doi:10.24765/asiadoukou.2019.0_5412019年11月18日閲覧。
  4. ^ スリランカ大統領選、ラジャパクサ氏が勝利 テロ以降初の選挙戦制す”. CNN (2019年11月18日). 2019年11月18日閲覧。
  5. ^ スリランカ大統領が兄を新首相に任命 初外遊先はインド”. 毎日新聞. 2020年3月4日閲覧。
  6. ^ “スリランカ、大統領に再び権限集中 就任1年で改憲”. 日本経済新聞. (2020年11月30日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66802070Q0A131C2FF1000?unlock=1 2020年12月5日閲覧。 
  7. ^ 日本との開発合意破棄の港、中国が開発へ”. 産経新聞 (2021年11月25日). 2021年11月25日閲覧。
  8. ^ 深刻な経済危機に市民の怒り爆発、大統領の邸宅包囲”. 読売新聞オンライン (2022年4月1日). 2022年4月3日閲覧。
  9. ^ スリランカ、非常事態宣言 経済危機でデモ暴徒化”. AFP (2022年4月2日). 2022年4月3日閲覧。
  10. ^ 全閣僚・中銀総裁辞任 「債務のわな」で経済危機―スリランカ - 時事ドットコム 2022年4月4日
  11. ^ “Sri Lanka’s New Finance Minister Ali Sabry Resigns A Day After Appointment”. Outlookindia. (2022年4月5日). https://www.outlookindia.com/international/sri-lanka-s-new-finance-minister-ali-sabry-resigns-a-day-after-appointment-news-190122 2022年4月6日閲覧。 
  12. ^ “スリランカ大統領、非常事態宣言数日で撤回-政治危機で辞任圧力”. bloomberg.co.jp. ブルームバーグ. (2022年4月6日). https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-04-06/R9W35OT1UM1001 2022年4月6日閲覧。 
  13. ^ “Ali Sabry is STILL the Finance Minister as President did not accept resignation”. News 1st. (2022年4月8日). https://www.newsfirst.lk/2022/04/08/ali-sabry-is-still-the-finance-minister-as-president-did-not-accept-resignation/ 2022年4月14日閲覧。 
  14. ^ “経済危機のスリランカ、またも非常事態宣言 高まる政治不信”. 朝日新聞. (2022年5月7日). https://www.asahi.com/amp/articles/ASQ572R11Q57UHBI00C.html 2022年5月7日閲覧。 
  15. ^ a b “スリランカ首相が辞任表明 デモ隊、大統領公邸占拠―ラジャパクサ氏は避難”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2022年7月10日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2022070900559&g=int 2022年7月10日閲覧。 
  16. ^ “ラジャパクサ大統領辞任へ デモ隊公邸占拠、首相も辞意―経済危機に国民怒り・スリランカ”. 時事ドットコム (時事通信社). (2022年7月10日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2022071000058&g=int 2022年7月10日閲覧。 
  17. ^ “Sri Lanka: President Rajapaksa to resign after palace stormed”. BBC News. BBC. (2022年7月10日). https://www.bbc.com/news/world-asia-62108597 2022年7月10日閲覧。 
  18. ^ “スリランカ大統領が国外脱出、モルディブに軍用機で 辞任直前”. ロイター. (2022年7月13日). https://jp.reuters.com/article/srikanka-president-idJPKBN2ON1YR 2022年7月13日閲覧。 
  19. ^ “スリランカ大統領、辞任先延ばし”. 47NEWS. 共同通信社. (2022年7月14日). https://nordot.app/920122811274510336?c=39546741839462401 2022年7月14日閲覧。 
  20. ^ “スリランカ大統領、辞表を電子メールで送付 シンガポール到着直後”. ロイター. (2022年7月15日). https://jp.reuters.com/article/sri-lanka-crisis-idJPKBN2OP1HJ 2022年7月15日閲覧。 
  21. ^ “Sri Lanka swears in interim president after Gotabaya Rajapaksa resigns”. The Guardian. ガーディアン. (2022年7月15日). https://www.theguardian.com/world/2022/jul/15/sri-lanka-mps-to-elect-new-president-after-gotabaya-rajapaksa-officially-resigns 2022年7月19日閲覧。 
  22. ^ “スリランカ前大統領タイに”. 共同通信社. (2022年8月12日). https://nordot.app/930484585401204736?c=39546741839462401 2022年8月12日閲覧。 
  23. ^ “スリランカ前大統領、帰国の見通し 現地報道”. 日本経済新聞. (2022年7月27日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM26BSL0W2A720C2000000/ 2022年8月12日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代
マイトリーパーラ・シリセーナ
スリランカ大統領
2019-2022
次代
ラニル・ウィクラマシンハ