ゴーターバヤ・ラージャパクサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Example.of.complex.text.rendering.svg この項目にはブラーフミー系文字(インド系文字)が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします詳細
ゴーターバヤ・ラージャパクサ
ගෝඨාභය රාජපක්ෂ
கோட்டாபய ராஜபக்ச
Nandasena Gotabaya Rajapaksa
Nandasena Gotabaya Rajapaksa.jpg

任期 2019年11月18日

出生 (1949-06-20) 1949年6月20日(71歳)
Flag of Ceylon (1951–1972).svg セイロンハンバントタ県
政党 スリランカ人民戦線英語版 (SLPP)
配偶者 Ayoma Rajapaksa

ゴーターバヤ・ラージャパクサシンハラ語: ගෝඨාභය රාජපක්ෂ, タミル語: கோட்டாபய ராஜபக்ச, 英語: Nandasena Gotabaya Rajapaksa, 1949年6月20日 - )は、スリランカ政治家。第8代大統領である。第6代大統領マヒンダ・ラージャパクサの弟で、マヒンダ政権下では国防・都市開発次官を務めた[1]

日本語での表記としては、ゴーターバヤ・ラージャパクサ[2]の他、ゴータバヤ・ラージャパクサ[3]ゴタバヤ・ラジャパクサ[4]などが存在する。

来歴[編集]

ゴーターバヤはスリランカ南部の著名な政治家の家系に生まれた。コロンボアナンダ・カレッジ英語版で学んだ後、1971年セイロン陸軍に入隊。陸軍訓練所で士官訓練を受け、初めは通信将校 (signals officer) に、次いで歩兵連隊に配属された。1983年に勃発したスリランカ内戦においては、ガジャバ連隊英語版を指揮して初期の主要な戦闘に参加した他、1987年に発生したスリランカ人民解放戦線の反乱鎮圧にも関わっている。その後は軍を早期退役し、情報技術の分野に移り、1998年にはアメリカに移住した。2005年にスリランカに帰国すると、兄マヒンダの大統領選を支援、マヒンダ政権の国防次官に任命された。ゴーターバヤの在任中の2009年スリランカ軍は仇敵であるタミル・イーラム解放のトラ (LTTE) を打ち破り、指導者ヴェルピライ・プラバカランを殺害、26年にわたった内戦に勝利した。一方で、2006年にはLTTEの自爆テロにより暗殺のターゲットとされた。内戦後、ゴーターバヤは様々な都市開発プロジェクトを立ち上げている。2015年の大統領選でマヒンダが敗れると、彼もその地位を退いた。2018年になり、翌年の大統領選の候補として浮上。民族主義と経済発展、国家安全保障を争点に多数派のシンハラ人の票を集め、第8代大統領に就任した。ゴーターバヤは議員を経ずに大統領となった初の人物である。就任後、兄マヒンダを首相に任命した[5]

脚注[編集]

  1. ^ ゴタバヤ・ラージャパクサ・スリランカ国防・都市開発次官による玄葉外務大臣への表敬”. 外務省 (2012年3月23日). 2019年11月18日閲覧。
  2. ^ 荒井悦代. “大統領と首相の亀裂が露呈:2016年のスリランカ”. JETRO. 2019年11月18日閲覧。
  3. ^ 荒井悦代「2018年のスリランカ 大統領による前代未聞の政変」『アジア動向年報』第2019巻、日本貿易振興機構 アジア経済研究所、2019年、 541-564頁、 doi:10.24765/asiadoukou.2019.0_5412019年11月18日閲覧。
  4. ^ スリランカ大統領選、ラジャパクサ氏が勝利 テロ以降初の選挙戦制す”. CNN (2019年11月18日). 2019年11月18日閲覧。
  5. ^ スリランカ大統領が兄を新首相に任命 初外遊先はインド”. 毎日新聞. 2020年3月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
マイトリーパーラ・シリセーナ
スリランカ大統領
2019-
現職