ゴースト・スカッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゴーストスカッドから転送)
移動先: 案内検索
ゴースト・スカッド
ジャンル ガンシューティングゲーム
対応機種 アーケードゲーム(AC)
Wii(ウィー)
開発元 セガ(SEGA-AM2
発売元 セガ(後のセガ・インタラクティブ)(AC)
セガ(後のセガゲームス)(Wii)
人数 1 - 4人
メディア Wii用12cm光ディスク
発売日 日本の旗 AC版…2004年11月19日
Wii版…2007年10月25日
アメリカ合衆国の旗 Wii版…2007年10月20日
欧州連合の旗 Wii版…2007年12月7日
対象年齢 CEROC(15才以上対象)
ESRB: T(Teen)
売上本数 日本の旗 約8万本[1]
その他 Wii Zapper対応
ニンテンドーWi-Fiコネクション対応
テンプレートを表示

ゴースト・スカッド』(Ghost Squad)は、セガ(後のセガ・インタラクティブ並びに後のセガゲームス)が開発したガンシューティングゲームである。

概要[編集]

主題は特殊部隊で、主人公は国連組織の擁する極秘精鋭特殊部隊の隊員となり、様々な任務をこなすことにある。そのため、登場するイベント人質救出』、『爆弾解体』、『戦術格闘』、『狙撃』、『ステルス(忍び込み)』等といった特殊作戦をメインとしている。ガンコントローラー(ガンコン)は、サブマシンガン型(自動小銃に近い方)を採用。

2007年には、『Ghost Squad Evolution』という改良作品が欧州等でリリースされたが、日本でのリリースはない模様(後述の『ICカード』を使用しない)。

また、コンシューマー向けソフトとしてWii版が発売された。こちらはWii Zapperと呼ばれるアタッチメントに対応しているソフトの第一弾であり、敵のコスチュームを変える要素(戦国衣装、バカンス衣装)が追加されたり、4人対戦が可能になったり、ニンテンドーWi-Fiコネクションを利用してスコアランキングを競うことができるなどの要素が追加されている。

2012年4月18日に日本国内で、続編の『OPERATION G.H.O.S.T.』が稼働を開始した[2]

ICカード[編集]

この『ゴースト・スカッド』の最大の特色として、ICカードを購入して使用し、自分の戦績を保存、記録することで、以下のような特典が与えられる。

ストーリー[編集]

多発するテロ、地域紛争等の新たな時代に対応するため、国際連合は、『MOP(Multiple Operation Program…多目的作戦計画)』という、超法規的な権限を持つ対テロ司令部を極秘裏に設立。また、その『MOP』の隷下には、『GHOST Squad(Global Humanitarian Operation & Special Tactics Squad…全世界的人道作戦/特殊戦術部隊)』という、全世界の軍等から選ばれた優秀な隊員からなる実働部隊を擁している[3]

『GHOST』は、正規軍が介入できない様々な事態に迅速に対処、痕跡を残さずに行動するという世界平和の裏で命を賭して戦う影の精鋭集団である。

主人公は、その要人救出部隊『GHOST3』に所属するエリート隊員で、国際テロリスト集団『蒼い狼』と死闘を繰り広げる。

ステージ紹介[編集]

MISSION1:『グランドヴィラ救出作戦』

極秘会談のために、政府高官用の保養地『グランドヴィラ』に集まったA国大統領等、先進3カ国の首脳の救出及び、国際テロ集団『蒼い』部隊の排除。

  • エントランスエリア…『グランドヴィラ』に潜入すべく、エントランスエリアに侵入した『GHOST3』のアルファユニットは、プラスチック爆弾で内部に突入し、エントランスエリアを制圧するか、外部から回り込み、屋上で敵増援部隊の侵入を阻止することとなる(低レベルでは5人未満までの侵入が許されるが、ミッションレベルが上がるにつれ、許容人数が減っていく)。内部に突入した場合、途中で1階に進み人質を救出するか、2階に進み爆弾を解除する(失敗するとライフ減少)かの分岐がある。
  • レストランエリア…食堂の制圧作戦。1階を制圧するか、2階から後続部隊の援護射撃を行うか、地下食糧庫で待機している敵増援部隊の殲滅を行う。
  • ホテルエリア…中庭で見張りの戦闘員達を狙撃で排除し(失敗するとライフ減少)、宿泊施設に突入する。ベランダを通りの外から援護射撃を行うか(貫通能力を有する銃器を使えば、薬箱が複数取れるボーナスあり)、宿泊施設内に入り、(1)敵が多数 (2)人質救出 (3)スモーク弾で突入(人質あり)の3つの内どれか一つで部屋を制圧することになる(どれを選んでも部屋は同じ)。終盤、主犯格のアレックス・ハボックを発見するも、彼は部下に時間を稼がせ、攻撃ヘリで味方を攻撃し逃げようとする。アルファユニットは、その攻撃ヘリを携行SAMで撃ち落とすこととなる(ミッションレベルが上がるにつれ、制限時間が短くなる。また、障害物や味方などで攻撃が届かないこともある)。失敗すると逃げられる。
MISSION2:『エアフォースワン』

国際テロ集団『蒼い狼』によりハイジャックされてしまった、欧州での会談からの帰りのA国大統領専用機『エアフォースワン』の逆制圧、及び、A国大統領の救出。なお全ミッションを通じて、唯一同僚隊員は登場しない。ミッションレベルが上がるにつれ、客室エリア・会議室エリアの両方に戦術格闘を強いられる(失敗するとライフ減少。ミッションレベルが上がるにつれ、攻撃マークの点灯時間が短く、多くなっていく)。

  • 操縦室エリア…コクピットに急襲を掛け制圧する。低レベルでは民間人はパイロット二人のみだが、レベルが上がると制御室にも数人配置される。ミッションレベル3からは、ステルス(忍び込み、敵に見つかる前に全滅させる)で侵入することとなり、更にミッションレベルが上がっていくと、電気制御室にも突入し、客席エリアの明かりを消すことが出来る。ただし、電気を消しても敵の射撃が当たりにくくなるなどの効果はない。
  • 客席エリア…操縦室エリアの電気制御室で、照明を消していれば暗闇となり、暗視装置を装着するか否かを選び、任務を行う。先に会議室に突入し、A国大統領を連れ去ったハイジャック事件の首謀者・ラッカード=ジモンを追うか、客室で人質の救出等をしてから、会議室に突入することになる(簡単に表現するなら「大統領救出優先か否か」)。客席に突入した場合、民間人を避けつつ敵を殲滅するか、人質を救出しつつ進むか、SPを援護して民間人を避難させるかの3択を迫られる。
  • 貨物室エリア…客席エリアで、会議室に突入したか、客室で人質救出を先に行ったかで侵入経路がかなり違う。会議室に突入した場合、真っ暗闇の電子機器室で、暗視装置(ナイトビジョンもしくはサーモグラフィー)かフラッシュライトを使いつつ、敵を殲滅させることとなる(客室で人質救出等を行った場合も、電子機器室に入ることとなるが、こちらは真っ暗闇でない)。貨物室内に入る際、右の扉か左の扉かの2択があるが目的地は必ずカーゴベイ。待ち伏せする敵戦闘員を倒した後、脱出機があるカーゴベイに突入する。ラッカード=ジモンが脱出機に乗り込み逃走する前に、たった一発で頭を狙撃せねばならない(プレイヤーと、ラッカード=ジモンとの距離は、ミッションレベルが上がるにつれ、遠くなっていき、狙いにくくなる)。失敗すると「ば~か! よく狙え!」と言われ逃げられる。なお、成否にかかわらず大統領は無事。
MISSION3:『密林からの奪還』

最新鋭の装備を欲する国際テロ集団『蒼い狼』により、誘拐されたA国大手軍需産業『ITS社』の兵器開発部部長・スティーブ=マッコイの奪還、救出。

  • 隠れ集落エリア…『蒼い狼』ゲリラ部隊のアジトに侵入。最初に狙撃で見張りを始末する(失敗するとライフ減少)かアジトを強襲するかの2択。アジトを強襲した場合、途中でサーモスコープを使った民間人救出を行うことができる(強制ではない。失敗するとライフ減少)。終盤、3つの小屋の中からひとつを選んで、その中を捜索することとなる。3つのうち、スティーブ=マッコイが居る小屋だけ煙が上がっており、他の二つの小屋は戦術格闘(失敗するとライフ減少)か、小規模銃撃戦か、ランダムで決められる。
  • 森林エリア…スティーブ=マッコイを護衛しつつ、ジャングルに潜伏する敵を倒していく。途中、遺跡を迂回するか、そのままジャングルを直進するかを選択することになる。
前者の場合、ナイフ格闘が強制され(失敗するとライフ減少)銃撃戦を挟み、地雷撤去(地雷に誤射したり、タイマーが0になるとライフ減少)もしくはステルスで侵入することとなる。
後者の場合、遺跡周辺や遺跡上層部コースでは敵と戦った後、後続部隊の援護射撃を行う。真っ暗闇の遺跡の地下室コースでは、フラッシュライトを使って敵を探し人質を撃たぬよう敵と戦うことになる。
  • 河川エリア…ボートに乗り込んだアルファユニットとスティーブ=マッコイは、ジャイロヘリ含む敵部隊と、激しいボートチェイスを繰り広げる。終盤、敵部隊の主力たる装甲船が現れ、『ヘビーマシンガンモード(グレネードランチャー付き軽機関銃を使用する)』で、60秒以内で装甲を破壊し、ゲリラ部隊隊長『ディンゴ』を30秒以内で倒すこととなる(ボスの中では唯一手榴弾を使ってプレイヤーに攻撃をしてくる。ミッションレベルが上がるにつれ、遠くなっていき、狙いにくくなる)。時間切れ(前述の装甲破壊失敗も同じ)になるとロケットランチャーでボートを破壊され、スティーブもろともゲリラに拘束されてしまう。

登場人物[編集]

『MOP』、『GHOST』[編集]

『MOP』傘下の『GHOST』は、後述の7つもの部隊を擁している。また、国連組織たる『MOP』や『GHOST』は、『ある種の国連軍』といってもいい。

世界各国の軍隊警察から有用な隊員を引き抜いて構成している(例:日本の場合、自衛隊レンジャー徽章を取得していたり、警察SATに所属していた場合、『MOP』本部からお呼びが掛かる等)。

また、各隊員は『報復』を恐れるため、自身の戸籍が抹消されてしまう。A国大統領の警護にあたっているSPは『GHOST』の事をよく知っている。

『GHOST』を構成する部隊一覧
  • GHOST1/陸戦部隊
  • GHOST2/海兵隊
  • GHOST3/要人救出部隊(主人公の所属する部隊
  • GHOST4/空挺部隊
  • GHOST5/重装備部隊
  • GHOST6/諜報-要人暗殺部隊
  • GHOST7/後方支援部隊

GHOST指揮官[編集]

黒いベレー帽を被った、主人公達の上司。本名不明。遠方のMOP本部から、主人公達に指令を下したり、サポートをしてくれる。また、任務等が失敗した際に「馬鹿者!!」または「何やってんだ!!」とこちらを叱り付ける。逆に、任務に成功した時は「よくやった!!」と褒めてくれる。

『GHOST3』[編集]

主人公達の所属する部隊。有事の際に要人を救出したり、犯罪組織テロリスト等に拉致された要人を奪還したりすることが主任務である。また、MISSION2では、大統領専用機(エアフォースワン)に極秘裏に乗り込み、ハイジャック事件が発生した際、それに対処するという任務も請け負っている。

アルファ(A)ユニット (主人公)[編集]
アルファブルー(1P側主人公)
栗毛色の白人系の青年で、要人救出部隊:『GHOST3』のエリート隊員。
アルファレッド(2P側主人公)
黒人系の男性で、要人救出部隊:『GHOST3』のエリート隊員。『TOUGH GUY(タフガイ)』のコスチュームを着用したときの服装が、タンクトップシャツを着用しており、アルファブルーのそれとは全然違っている(アルファブルーは、上半身裸)。
ブラボー(B)ユニット、チャーリー(C)ユニット (同僚隊員)[編集]

アルファユニットを支援してくれる、要人救出部隊:『GHOST3』の同僚隊員。鉄帽に付けられたラインの色で、チームを識別する。彼等を誤射して倒すと、残りのSPゲージが減ってしまう(ただし、一発で倒れてしまう人質とは違い、一発では倒れない)。プレイヤーがコスチュームを変えても、彼等のコスチュームは、初期装備の『GHOST SQUAD(ゴースト・スカッド)』のままである。

国際テロリスト集団:『蒼い狼』[編集]

国際的に暗躍する巨大なテロ組織。内部には複数の凶悪犯罪者や国際指名手配犯等がいるという、国際テロリスト集団である。Wiiオリジナルモードでは、「青狼衆」、「レディウルフ」など、モードに沿った名前に変わっている。

『蒼い狼』幹部(ボスキャラクター)[編集]

現在判明している幹部は、以下の通りである。

アレックス=ハボック
国際指名手配犯。左目の眼帯が特徴の、太っている中年の男。
MISSION1:『グランドヴィラ救出作戦』では、数多の部下を引き連れ、A国等先進3ヶ国の首脳が極秘会談を行っていた政府高官用の保養地『グランドヴィラ』を占拠し、多数の人質と共に籠城していた。
最後は、AH-64 アパッチ攻撃ヘリで逃亡を図るも、アルファユニットにより携行SAMを放たれ、ヘリが爆発。そのまま、グランドヴィラに隣接する湖に墜落し、散った。なお、Wii版の忍者モードでは鎧兜を着ており、大きなで逃げようとする。また、パラダイスモードでは露出度の高い海パンをはいており、ピンク色のヘリで逃げようとする。撃墜に失敗した場合彼はミサイルを放ち逃亡。GHOST4が追跡を行う。その後、指揮官から大損害を被った事を伝えられ、帰投後出頭するよう指令が下る。
ラッカード=ジモン
茶色い髪に、髭を生やしており、紫色の半袖シャツに、灰色の防弾チョッキを着用した男。どこか高圧的な口調で喋っている。
MISSION2:『エアフォースワン』にて、欧州での会談からの帰りのA国大統領を拉致せんと、偽SPと貨物室に忍び込んでいた部下と共に、エアフォースワンをハイジャックしてしまう。
大統領を人質に取り、カーゴベイにあった脱出機で無理矢理連れ出した大統領と共に逃走を図る。しかし、脱出機の発進のためカーゴベイのハッチが開いてしまっており、乱気流による突風がカーゴベイに吹き荒れバランスを崩し、よろける。その隙にアルファユニットにより、スナイパーライフルで頭部を一発で狙撃され、開いていた後部ハッチから機外に投げ出され、持っていた手榴弾が爆発し、爆死するという最期を遂げる。なお、Wii版の忍者モードではバカ殿の格好をしており、手榴弾の代りにおにぎりを持っている。また、パラダイスモードではバカンスに来た旅行者のような格好をしており、手榴弾の代りにバナナを持っている。
狙撃に失敗した場合大統領を連れて逃げる。その後、指揮官に叱られる。
ディンゴ
『蒼い狼』ゲリラ部隊隊長。全身に『ITS社』が製作したものと思しき防弾重装甲服を着用しており、素顔は不明。
MISSION3:『密林からの奪還』にて、A国の大手兵器会社『ITS社』の重要人物(兵器開発部 部長)スティーブ=マッコイを誘拐し、南米ジャングルのアジトに篭城する。
最後は装甲船に乗り込み、アルファユニットとボートチェイスを繰り広げる。防弾シールドで身を守りつつ一度に多数の手榴弾を投げまくり、右手で担いだ携行ミサイルランチャーで、アルファユニットとスティーブ=マッコイ部長の乗るボートを撃沈せんとする。
しかし逆に防弾シールドは破壊され、アルファユニットによるグレネードランチャー軽機関銃の集中砲火で全身を蜂の巣にされ倒された。なお、Wii版の忍者モードでは鎧兜を着ており、装甲船は亀甲船に代わっている。また、パラダイスモードではダイビングスーツを着ており、装甲船にはアヒルの装飾が施されている。撃破に失敗するとミサイルランチャーでボートを沈め、増援部隊を呼びアルファユニットとスティーブ=マッコイを包囲する(前述の装甲破壊を失敗するとアルファユニットと戦わずしてボートを沈める)。防弾シールドを破壊した後は、グレネードの爆風で攻撃した方が大きいダメージを与えられる。
オスカル=ブラジウス
『蒼い狼』のリーダー。ミッションレベルを全て最高の16にして、なおかつ全てのミッションのボスを倒すことに成功すれば見ることが出来る真のエンディングにて、名前だけ登場。

アイテム[編集]

特記なき場合、薬箱・勲章以外のアイテムを取得すると消滅する。
薬箱
ライフを1目盛り分だけ回復する。
ボディーアーマー
ダメージを50%軽減する防弾ベスト。I型(黒色)は2発、II型(金色)は4発のダメージ(誤射によるダメージは対象外)まで耐えれる。
コンペンセイター
射撃時の銃身のブレを抑え、マシンガン系武器の着弾精度を向上させる(対象は後述参照)。
ハイキャップマガジン
マガジンの装弾数が2倍になる(一部武器を除く)。
ダットサイト
100発まで使用可能(一部武器を除く。標準装備の対象は後述参照)。

銃器[編集]

マシンガン(機関銃)[編集]

一般的に集団戦に威力を発揮するものが多い。
特記なき場合は下記の通り
  • GSメーターMAXで「ハイキャップマガジン」が支給される(ボディーアーマーが残りにくく、防御に乏しい)。
  • セミ/フルオートの切替がショットセレクターで可能。
XM-2119
GHOST SQUADの正式採用サブマシンガン
装弾数24(ハイキャップマガジン支給時48)。
セミオート・3点バースト・フルオートの切替が可能。また、ダットサイト、ハイキャップマガジンのアイテムが装備可能。初心者でも使い勝手が良い、最も一般的なマシンガンと言える。
GSメーターMAXでフルオート弾が50発増える。
SAW24
Lv.15で支給される。
弾数制限の無い強力なマシンガン。しかし、むやみに撃ち続けるとバレルがオーバーヒートし、交換まで発射不可能となる(約2秒間)。また、セミ/フルオートの切替がない。
全ての銃器では唯一GSメーターMAXでのボーナス特典はなく、すべてのアイテムが装備不可能。
ボディーアーマーを維持できるので攻防一体での作戦が進められる。
MISSION3の河川エリア終盤では『ヘビーマシンガンモード』として登場する。こちらはグレネードランチャー(約1秒の自動装弾式)付き軽機関銃(装弾数50発の手動装弾式)となっており、敵部隊の主力たる装甲船の装甲破壊・ゲリラ部隊隊長『ディンゴ』の制圧に使用する。
M94R
Lv.30で支給される。
装弾数26(ハイキャップマガジン支給時52)。
装弾時間が"XM-2119"より長い。
AR4A
Lv.32で支給される。
装弾数28(ハイキャップマガジン支給時56)。
装弾時間が若干長い。弾丸の発射速度が速い。
TR14
Lv.38で給される。
装弾数20(ハイキャップマガジン支給時40)。
"TK1B"よりも貫通力が高いバトルライフル。しかし、破壊力が強いため着弾点が安定しない欠点を持ち合わせている。コンペンセイターが必要。
TK1B
Lv.46で支給される。
装弾数30(ハイキャップマガジン支給時60)。
貫通能力があるが、破壊力が強いため着弾点が安定しない欠点を持ち合わせている。コンペンセイターが必要。
CPG7
Lv.50で支給される。
装弾数20(ハイキャップマガジン支給時40)。
貫通力が高いPDW。弾丸の発射速度が高いので巧みに使いこなせば有利に作戦が進められる。着弾点が安定しない欠点を持ち合わせているが"TR14"・"TK1B"程ではない。コンペンセイターが必要。
G50
Lv.54で支給される。
装弾数30(ハイキャップマガジン支給時60)。
装弾時間が長い。弾丸の発射速度が速い。
MP10
Lv.77で支給される。
装弾数30(ハイキャップマガジン支給時60)。
装弾時間が長い。弾丸の発射速度が速い。
XMW21
Lv.99で支給される。
装弾数100(ハイキャップマガジン支給時150)。ダットサイト標準装備。
抜きん出て多い装弾数(装弾時間の長さも"SAW24"に準ずる)と強力な貫通力に加えて、GSメーターMAXで、画面1/4内の敵を一網打尽にする威力を持つグレネードランチャー(こちらにも対物貫通能力あり)が支給され、ショットセレクターでチェンジし使用可能となる。
"XM-2119"と同様にハイキャップマガジン、コンペンセイター("TR14"・"TK1B"より破壊力が強いため更に着弾点が安定しない欠点を持ち合わせている)のアイテムが装備可能。
ボディーアーマーも維持できるので攻防一体での作戦が進められる。

ハンドガン(拳銃)[編集]

命中率重視。HEAD SHOT以外では敵を制圧するために複数の命中を要する。
特記なき場合は下記の通り
  • GSメーターMAXで2点バースト弾が50発支給される。
  • セミ/2点バーストの切替がショットセレクターで可能。
P44M
Lv.5で支給される。
装弾数6。
ハンドガンでは唯一貫通能力を持つリボルバー。速射性に優れており、装弾時間も早い。
TM9V
Lv.11で支給される。
装弾数15(ハイキャップマガジン装着時30)。ダットサイト標準装備。
ハンドガンでは装弾数が抜きん出て多く、速射性に優れている。
M45R
Lv.19で支給される。
装弾数15(ハイキャップマガジン装着時30)。ダットサイト標準装備。
"TM9V"と同性能だが、攻撃力が他の銃の2倍の威力を持つ。
PM6
Lv.26で支給される。
装弾数6。
"P44M"とは性能が正反対の西部劇型リボルバー。装弾時間が長いが攻撃判定は大きい。
ガーディアンII
Lv.34で支給される。
装弾数10(ハイキャップマガジン装着時20)。
バーチャコップ専用銃で、性能がとにかく低い。
P4512
Lv.40で支給される。
装弾数12(ハイキャップマガジン装着時24)。
"M45R"と同性能だが、装弾数が少なく、ダットサイトは着いていない。
ガーディアンI
Lv.60で支給される。
装弾数6。
バーチャコップ専用銃で、リボルバーだけに"ガーディアンII"より性能が低いが装弾時間が早い。
M209

Lv.61で支給される。

装弾数10。
"PM6"と同じく攻撃判定が大きいが、ハイキャップマガジンが装備不可能。

ライフル[編集]

命中率重視。連射性が劣るが、ハンドガンより2~3倍の破壊力と貫通能力を持つ。
特記なき場合は下記の通り
  • GSメーターMAXで3点バースト弾が50発支給される。
  • セミ/3点バーストの切替がショットセレクターで可能。
CAC82

Lv.7で支給される。

装弾数6(ハイキャップマガジン装着時12)。
通常弾の2倍の攻撃力を持つ。
狙撃イベントでは『スナイパーライフルモード』として登場する。こちらは単発式(1発ごとの手動装弾)だが、ダットサイトが装備されている。ただし対物貫通能力はもたない。
SPR11

Lv.23で支給される。

装弾数10(ハイキャップマガジン装着時20)。
通常弾の3倍の攻撃力を持つ。
SPR3

Lv.69で支給される。

装弾数10(ハイキャップマガジン装着時20)。
通常弾の2倍の攻撃力を持つ。
SPR308

Lv.85で支給される。

装弾数8(ハイキャップマガジン装着時16)。
通常弾の3倍の攻撃力を持つ。

ショットガン(散弾銃)[編集]

命中率重視。1ショットで6発の弾丸を同時に打ち出す(一発当たりの威力はハンドガンと同じ)。弾丸の散布界が広く着弾点が安定しない為、人質救出系・仲間援護系のイベントには不向き。
特記なき場合は下記の通り
  • 装弾数6(ハイキャップマガジン装着時12)。
  • GSメーターMAXで2点バースト弾が50発支給される。
  • セミ/2点バーストの切替がショットセレクターで可能。
M4E

Lv.2で支給される。

弾丸の散布界が広いため、遠くの敵には当たりにくい。
SG112

Lv.93で支給される。

弾丸の散布界が狭いため、集団の敵に威力を発揮する。

ボウガン[編集]

ABG1

Lv.43で支給される。

装弾数6(ハイキャップマガジン装着時12)。
銃口下にある3つのガスボンベからのガス圧力で弦を引いて3点バーストを可能にする自動ボウガン(Automatic-BowGun)。使用方法と装着可能アイテムは"XM-2119"に準ずる。発射から着弾までの時間差があるうえ、装弾時間が長い。ただし、命中するだけでもGSポイントが若干貯まっていく。
GSメーターMAXでフルオート矢が50本支給される。

コスチューム(戦闘服)[編集]

特記なき場合、型番は"XGSB-01"とする。

GHOST SQUAD
正式ユニフォーム。標準装備。
JUNGLE
"GHOST SQUAD"のジャングル戦用で、唯一正常に働くステルス明細服。標準装備。
DESERT
乾燥地帯専用の体温調整機能付ユニフォーム。
TOUGH GUY
前述の通り、1P側は上半身裸、2P側はタンクトップ。
POLICE MAN
アメリカ巡査を模したユニフォーム。
WW2
第二次世界大戦時の連合軍軍服。
URBAN
市街戦専用の都市迷彩ユニフォーム。
COWBOY
西部劇でお馴染みのユニフォーム。
VIRTUA COP
SKY
GHOST4のユニフォーム。
NINJA
唯一の和風ユニフォーム。
PANDA
何故か猫のヌイグルミが背中に着いている。
FUTURA WARRIOR
"JUNGLE"の上位版(故障中?)。
GOLD
"GHOST SQUAD"に金箔模様が加えられたエリート仕様のユニフォーム。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]