ゴーストシャウト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゴーストシャウト
監督 塚本連平
脚本 EN
佐々木充郭
出演者 滝沢沙織
音楽 仲西匡
撮影 柳田裕男
配給 東京テアトル
公開 日本の旗 2004年12月18日
上映時間 103分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ゴーストシャウト』は、2004年12月18日 - 2005年1月14日日本で公開された日本映画である。

概要[編集]

サトラレ』など数々のテレビドラマを手掛けて来た塚本連平の映画デビュー作。

当初、本作のタイトルは『ゴーストネゴシエイター』(『ゴーストネゴシエター』は誤記)で予定されていたが、2004年11月23日に南野陽子がゲスト出演していた『ズバリ言うわよ!』にて細木数子から「『ゴーストシャウト』に変えないとヒットしない」というアドバイスを言い渡されたため、公開直前に改題された。

物語[編集]

高校3年生の夏、主人公・榊ヨウコはある事故をきっかけに亡霊が見えるようになって以来、仕事運にも男運にも見放され、現世に現れて人々を悩ませる幽霊と直接交渉し、成仏させるゴーストネゴシエーターの仕事をしていた。そんなヨウコにも恋人ができ、ゴールイン寸前と思われたが、デート中にボスから依頼が来てしまう。その内容は、八王子の音大に亡霊が出没したというものだった。ヨウコは嫌々ながらもボスの「退職金を弾む」の声に、デートを中断して現場に向かう。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

外部リンク[編集]