ゴンドゥク語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゴンドゥク語
དགོང་འདུས་
話される国  ブータン
話者数 2000人 (2006年)[1]
言語系統
表記体系 チベット文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 goe
消滅危険度評価
Vulnerable (UNESCO)
Status-unesco-vulnerable.svg
テンプレートを表示

ゴンドゥク語チベット文字དགོང་འདུས་ワイリー方式Dgong-'dus)は、シナ・チベット語族チベット・ビルマ語派に属する言語である。ゴンドゥビカゴンドゥクパ・アンゴンドゥクセ・アンとも呼ばれる。ブータン東部のモンガル県クリ川(クリチュ、「チュ」とは「川」の意味である。)付近のゴングドゥク村で話されている。

ブータンの言語分布

脚注[編集]

  1. ^ Gongduk at Ethnologue (18th ed., 2015)

参考文献[編集]

  • Dzongkha Development Authority; Dasho Sangay Dorji; Col. Wangdi Tshering; Namgay Thinley; Gyembo Dorji; Phuntsho Wangdi; Lekyi Tshering; Sangay Phuntsho (2005). དགོང་འདུས་རྫོང་ཁ་ཨིན་སྐད་ཤན་སྦྱར་ཚིག་མཛོད། (Gongduk-Dzongkha-English Dictionary). Thimphu: Dzongkha Development Authority. pp. 115. ISBN 99936-663-1-9. 
  • ヴァン・ドリーム, ジョージ; Karma Tshering of Gaselô (collab) (1998). Dzongkha. Languages of the Greater Himalayan Region. Leiden: Research School CNWS, School of Asian, African, and Amerindian Studies. pp. 32–33. ISBN 90-5789-002-X. 
  • ヴァン・ドリーム, ジョージ (2007). “Endangered languages of Bhutan and Sikkim”. In Brenzinger, Matthias. Language diversity endangered. Trends in linguistics. Studies and monographs. Walter de Gruyter. pp. 314–15. ISBN 3-11-017050-7