ゴリ料理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゴリのから揚げ

ゴリ料理(鰍料理、杜父魚料理、鮖料理、ゴリりょうり)は、石川県金沢市郷土料理

金沢市周辺での「ゴリ」は、カサゴ目カジカ科淡水魚であるカジカを指す[1]。これらは犀川などで漁が行われ、加賀料理に欠かせないものとして利用されてきた[1]。具体的には、から揚げ佃煮骨酒刺身照り焼き・白味噌仕立て(ゴリ汁)として食される[1]佃煮は家庭の味として食されるほどだった[2]

ただし、20世紀後半頃からゴリの漁獲量が減少し、地元でも高級な食材になりつつある[1][2]。河北潟で獲れるハゼ科の魚が「ウキゴリ」として代用される[1]

日本語で「鰍」は「ゴリ」を意味するが、中国語で「鰍」はドジョウを意味する。中国語で「ゴリ」は、「杜父魚」と書かれる。[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 石川県(金沢市)ゴリの唐揚げ|生活科学|植物のチカラ” (日本語). 植物のチカラ 日清オイリオ. 日清オイリオ. 2022年4月19日閲覧。
  2. ^ a b ごりの佃煮 滋賀県 | うちの郷土料理”. www.maff.go.jp. 農林水産省. 2022年4月19日閲覧。