ゴリャヂ族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ゴリャヂ族[1]古東スラブ語: Голѧдь)は11 - 12世紀のルーシの史料に言及のあるバルト系部族である。居住区はプロトヴァ川(ru)上流であり、ヴャチチ族クリヴィチ族の居住区に挟まれた位置にあった[1][2](現ロシアモスクワ州スモレンスク州カルーガ州)。

歴史[編集]

考古学的にはモシチナ文化(ru)と関連性があるとされる。また民族学的にはガリンダイ人(ru)と関連性があり[1]、その東部のグループ(西部はプルーセン)とされている。

ゴリャチ族という名に関する最初の言及は1058年の記述である。また、ルーシの年代記(レートピシ)によれば、1147年ノヴゴロド・セヴェルスキー公スヴャトスラフがゴリャチ族を攻めている[3]。12世紀末頃にはゴリャチ族はスラヴ系部族(主にヴャチチ族と考えられる[4])と同化した。

研究者の多くは、ゴリャチ族は元来(2世紀)は東プロイセンに住んでおり、後に東進し、バルト東部のベルフネオクスカヤ文化(ru)(直訳:オカ川上流文化)と同化したと考えている。ゴリャチ族の移住の理由の1つとして、Basternei族(ru)[注 1]ザルビンツィ文化の東方への拡大が原因であるという仮説がある。

地名[編集]

モスクワ州ドミトロフ地区(ru)とクリン地区(ru)の村(деревня(ru) / デレヴニャ)にゴリャヂ(Голяди)の名が残る[注 2]。またブリャンスク州の村(село(ru) / セロ)であるオトラドノエ(ru)は、史料上の最初の言及時(17世紀の始め)にはゴリャジエ(Голяжье)と、モスクワ川の支流のニシチェンカ川(ru)はかつてゴリャダンカ川(речки Голяданка)と呼ばれていた。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「Basternei」はラテン語表記による。Basterneiはおそらくゲルマン系と考えられている。
  2. ^ ドミトロフ地区のものについてはru:Голядиを参照されたし。

出典[編集]

  1. ^ a b c 『ポーランド・ウクライナ・バルト史』p41
  2. ^ 和田春樹編『ロシア史』p19
  3. ^ Київський літописний звід (ПСРЛ. — Т. 2. Ипатьевская летопись. — СПб., 1908. — Стлб. 285-301.)
  4. ^ В. В. Седов Голедь

参考文献[編集]

  • 伊東孝之、井内敏夫、中井和夫編『ポーランド・ウクライナ・バルト史』 山川出版社、1998年
  • 和田春樹編 『ロシア史』(世界各国史22)、山川出版社、2002年

外部リンク[編集]

関連項目[編集]