ゴメスの名はゴメス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゴメスの名はゴメス』(ゴメスのなはゴメス)は、1962年に発表された結城昌治の長篇スパイ小説早川書房の叢書、『日本ミステリ・シリーズ』の第四巻として刊行された。これを原作にドラマ化、映画化もしている。第47回直木賞候補、第16回日本推理作家協会賞候補。

ドラマは、俳優座が製作、フジテレビ系列で全5話で放送された。1967年4月27日から5月25日まで毎週木曜日22時にシオノギテレビ劇場の1時間枠で放映された。

ドラマ版[編集]

概要 [編集]

当初は岡本喜八監督でベトナムでの撮影予定だったが、国際情勢により断念し岡本も降板。舞台を香港に移して撮影された。

監督は、後に作家として直木賞を受賞する高橋治、撮影は「紀ノ川」の成島東一郎佐藤勝のテーマ音楽は「第三の男」をほうふつとさせる曲調。オール海外ロケの野心作だが、ストーリーや人物関係が分かりづらく、未消化の感はいなめない。仲代、芥川の重厚な演技陣をはじめ、新人時代の栗原小巻が初々しい。

再編集版が1967年5月27日に松竹配給で「ゴメスの名はゴメス・流砂」の題名で公開された。

あらすじ[編集]

石油会社の技師坂本は2年間の中東の砂漠生活を終えて帰国の途中、学生時代の友人・香取の棲む香港を訪ねた。だが、空港で再会した香取は突然姿を消した。香取の行方を捜す坂本の前に、香取の知人・梨花、地元警察の魯奇刑事、日本の新聞社特派員森垣らが現れ、早く帰国するよう忠告する。そんな中、坂本を尾行してきた男が何者かに殺され「ゴメスの名は…」と謎の言葉を残す。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

、、ほか

外部リンク[編集]

フジテレビ シオノギテレビ劇場(1967年4月27日 - 5月25日)
前番組 番組名 次番組
ゴメスの名はゴメス