ゴムノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゴムノキ(ゴムの木)とは、ラテックスゴム質を得ることのできる樹液)などからゴムを資源として採取できる樹木総称である。したがって、様々な種類が存在する。

種類[編集]

今日の日本では単にゴムノキと言ったときに、産業的には天然弾性ゴムの原料として重要なパラゴムノキを意味することが多いが、家庭では、観葉植物として広く流通し、普及しているインドゴムノキを指すことが多い。

弾性ゴム[編集]

水溶性ゴム[編集]

チューインガム[編集]

栽培条件[編集]

年中高温多湿の気候であることこそが、ゴムノキの栽培に適した自然条件といえる。適温は24~27度程で、相対湿度は75~85%がよい。雨量は多くしかも乾期が無いことが望ましく、毎月125ミリ以上の降雨のあることが好条件である。ゴムノキは肥沃かつ排水の良い土壌を好みはするものの、この点ではかなりの悪条件にも耐えられて、痩せたラテライトの土地や、排水の悪い湿地のような場所でも生育し得る。ただし、ゴムノキはに対する抵抗力が低いので、強風を避けることも考慮しなければならない。

なお、ゴムノキが丘陵地や斜面を好むというのは、マレーシアで生まれた誤解である。マレーシアでゴムノキのプランテーションが発達した頃までには、すでに沖積地水田として利用されていたため、マレーシアにおけるゴム農園の大部分が波状の台地や丘陵地に作られた。このことが原因で、丘陵地や斜面を好むという誤解が生まれたのである。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 能登志雄『湿潤熱帯』《現代地理学シリーズ 1》朝倉書店、1970年。