ゴマノハグサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ゴマノハグサ
Scrophularia buergiriana 3.JPG
栃木県渡良瀬遊水地 2018年7月上旬
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : キク類 Asterids
: シソ目 Lamiales
: ゴマノハグサ科 Scrophulariaceae
: ゴマノハグサ属 Scrophularia
: ゴマノハグサ
S. buergeriana
学名
Scrophularia buergeriana Miq.[1]
シノニム
和名
ゴマノハグサ(胡麻の葉草)[3][4]

ゴマノハグサ(胡麻の葉草、学名:Scrophularia buergeriana )は、ゴマノハグサ科ゴマノハグサ属多年草[3][4][5]

特徴[編集]

地下のは一部が紡錘形に肥大する。はやや堅く、角ばった稜が4つあって四角になり、直立して高さ90-150cmになる。は対生し、長さ1-2cmの葉柄があり、葉身はやや厚く、卵形で、長さ6-8cm、幅3-4cmになる。葉の先端はとがり、縁にはややとがった鋸歯が多数ある[3][4][5]

花期は7-8月。茎先に長さ20-40cmになる細長い総状花序を作り、多くのをやや密につける。小花柄は短く長さ2-3mmになり、花柄とともに細かな腺毛がやや密に生える。小花柄が短いため穂状花序に見える。は5つに深く裂け、萼裂片は三角状卵形で先はやや鈍くとがる。花冠の色は日本産の本属の花冠が暗赤紫色系か淡黄緑色で紫褐色を帯びるが、本種は黄緑色。花冠の長さは6-7mmになり、ふくらんだ壺形で、先は唇形になって5裂し、上唇は2裂、下唇は3裂し、上唇が長く下唇は反り返る。雄蕊は4個あって花冠下唇側につき、その上にへら状の仮雄蕊が1個ある。雌蕊先熟で、花が開くと花柱が花冠の外に伸び、受粉して下垂する。果実は、長さ5mmになる卵形の蒴果になり、胞間裂開する。種子は楕円形でごく小さい[3][4][5]

分布と生育環境[編集]

日本では、本州の関東地方南部・中部地方・中国地方、九州に分布し、やや湿り気にある草地、草原などに生育する[3][4][5]。国外では、朝鮮半島中国大陸北部・東北部に分布する[4][5]

名前の由来[編集]

和名のゴマノハグサは「胡麻の葉草」の意であるが、牧野富太郎は「葉の形がゴマゴマ科)の葉に似るのでいうというが、実際には似ていない。」という[4]。また、種小名 buergeriana は、ドイツ人で日本植物の採集家ハインリヒ・ビュルゲル (Heinrich Bürger, 1804-1858) への献名である[4]

利用[編集]

根を乾燥させたものを漢方薬で玄参(ゲンジン)といい、のどの病気に薬にするという[5]が、ゴマノハグサの中国名は、北玄參という[1]。真正の玄参は、同属のオオヒナノウスツボに近いScrophularia ningpoensis Hemsl.(中国名、玄參[6]の根をいう[4][5]

種の保全状況評価[編集]

絶滅危惧II類 (VU)環境省レッドリスト

Status jenv VU.svg

(2017年、環境省)

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ゴマノハグサ 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  2. ^ ゴマノハグサ 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  3. ^ a b c d e 『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』p.412
  4. ^ a b c d e f g h i 『新牧野日本植物圖鑑』p.671, p.1320
  5. ^ a b c d e f g 『日本の野生植物 草本III合弁花類』pp.99-100
  6. ^ ゲンジン 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)

参考文献[編集]

  • 佐竹義輔・大井次三郎・北村四郎他編『日本の野生植物 草本III合弁花類』、1981年、平凡社
  • 牧野富太郎原著、大橋広好・邑田仁・岩槻邦男編『新牧野日本植物圖鑑』、2008年、北隆館
  • 門田裕一監修、永田芳男写真、畔上能力編『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』、2013年、山と溪谷社
  • 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名−学名インデックス」