ゴマギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゴマギ
Viburnum sieboldii 1.JPG
東京大学小石川植物園 2013年4月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: マツムシソウ目 Dipsacales
: スイカズラ科 Caprifoliaceae
: ガマズミ属 Viburnum
: ゴマギ V. sieboldii
学名
Viburnum sieboldii Miq.[1]
和名
ゴマギ(胡麻木)[2]
英名
Siebold's viburnum

ゴマギ(胡麻木、学名:Viburnum sieboldii )は、スイカズラ科ガマズミ属落葉高木。別名、ゴマキ[2][3][4]

新しいAPG植物分類体系ではガマズミ属は、ニワトコ属とともに、スイカズラ科からレンプクソウ科に移されている[5]

特徴[編集]

落葉高木。樹高は2-5mになるが、大きいものは高さ7mに達する。の樹皮は褐灰色でなめらか。若いは緑色で白い毛が密に生え、のちに緑色から褐灰色になる。は対生し、葉柄は長さ5-20mmになり、多少毛が生え、上面に広い溝があり、ごくまれに托葉がある。葉身は長さ5-15cm、幅2-9cm、形は長楕円形から倒卵形まれに倒披針形で、先端は円頭または鋭頭でときに短い尾状になり、基部はくさび形から円形、縁には鋭鋸歯または粗鋸歯があるが、基部近くには鋸歯はない。葉の表面はしわ状で光沢があり、暗緑色で毛がなく、裏面は淡緑色で多少毛が生えるがのちに脈上と脈腋に毛が残る。側脈は6-12対あり、葉の縁までほぼまっすぐに伸び、表面はへこみ裏面に突き出る[2][3][4]

花期は4月下旬-6月中旬。枝先に長さ4-7cm、径6-14cmになるピラミッド形の散房花序をつけ、白色の多数のを密につける。花序枝はふつう対生し、花序の軸とともにふつう毛がある。は長さ0.7-1mmの小さな杯状で、上部がわずかに5裂する。花冠は高杯状で上部が5深裂して平開して径7-9mmになり、花冠裂片は長さ2-3.2mmの卵形、花冠筒部は長さ約1.5mmと短い。雄蕊は5個あり、花冠から突き出て、花糸の長さ3-4mm、葯は楕円形で長さ1.3-1.5mmになる。子房は長さ2.5-3mmになる長楕円形で、柱頭はほぼ無柄。果期は7月下旬-10月。果実は長さ8-10mmになる楕円形の核果で、最初赤くなり、完全に熟すと黒くなる。中に種子1個が入る核は長さ7-8mm、厚さ約2.5mmになる倒卵状楕円形で、核の腹側に縦に走る深い溝が1個ある[2][3][4]

分布と生育環境[編集]

日本固有種。本州の主に関東地方以西の太平洋側、四国、九州、沖縄に分布し[2]、標高50-1300mの低地や山地の落葉樹林内に生育し、湿った場所に多い[3]

名前の由来[編集]

和名のゴマギは、生葉を揉んだり、枝や葉を傷つけるとゴマ(胡麻)に似た臭気がすることで、「胡麻木」に由来する[2][4]。種小名の sieboldii は、シーボルトへの献名

変種[編集]

  • マルバゴマキ Viburnum sieboldii Miq. var. obovatifolium (Yanagita) Sugim.[6] - 別名、マルバゴマギ、ヒロハゴマキ、オオバゴマキ。基本種のゴマギより低木状で、樹高は約2mになり、しばしば群生する。葉は基本種より大きく、ふつう長さ10-19cm、大きいもので長さ25cmになるものもあり、縁には鋭い鋸歯がある。葉身は倒卵形から広倒卵形で、側脈は8-12対ある。散房花序も大きく、ふつう径10-16cmになる。本州の東北地方と北陸地方などの日本海側に分布し、標高30-1400mの山地に生育する[3][4]。もともと基本種と形態的に同一であったものが、冬季に積雪が多い日本海側気候である環境条件に適応して分化し、固定化した変種である。基本種のゴマギと分布域を接する区域(福島県、岐阜県、京都府、兵庫県、岡山県、鳥取県など)では、ゴマギとの交雑によって生じたと考えられる中間型がみられる[2]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 検索結果詳細表示 ゴマギ”. 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList). 2014年4月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年8月31日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 『樹に咲く花(合弁花・単子葉・裸子植物)山溪ハンディ図鑑5』pp.462-465
  3. ^ a b c d e 『日本の野生植物 木本II』pp.227-228
  4. ^ a b c d e 『新牧野日本植物圖鑑』p.708
  5. ^ 大場『植物分類表』p.225
  6. ^ 検索結果詳細表示マルバゴマキ”. 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList). 2014年4月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年8月31日閲覧。 [ マルバゴマキ] 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)

参考文献[編集]

  • 佐竹義輔他編『日本の野生植物 木本II』、1989年、平凡社
  • 茂木透、城川四郎他『樹に咲く花(合弁花・単子葉・裸子植物)山溪ハンディ図鑑5』、2001年、山と溪谷社
  • 牧野富太郎原著、大橋広好・邑田仁・岩槻邦男編『新牧野日本植物圖鑑』、2008年、北隆館
  • 大場秀章編著『植物分類表(初版第3刷訂正入)』、2011年、アボック社
  • 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)