ンゴニザシェ・マクシャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ンゴニザシェ・マクシャ Portal:陸上競技
選手情報
ラテン文字 Ngonidzashe Makusha
国籍 ジンバブエの旗 ジンバブエ
種目 短距離走走幅跳
大学 フロリダ州立大学
生年月日 1987年3月11日(28歳)
身長 168cm
体重 70kg
成績
オリンピック 走幅跳 4位 (2008年
世界選手権 100m 準決勝3組5着 (2011年
走幅跳 3位 (2011年)
地域大会決勝 アフリカ競技大会
走幅跳 棄権 (2007年)
4x100mR 3位 (2007年)
最高世界ランク 100m 9位:9秒89 (2011年)
走幅跳 3位:8m40 (2011年)
自己ベスト
60m 6秒60 (2009年) ジンバブエ記録
100m 9秒89 (2011年) ジンバブエ記録
200m 21秒57 (2006年)
走幅跳 8m40 (2011年) ジンバブエ記録
編集 テンプレートのヘルプを表示する

ンゴニザシェ・マクシャ[1]、またはヌゴニザシェ・マクシャ[2]Ngonidzashe Makusha1987年3月11日 ‐ )は、ジンバブエの男子陸上競技選手。2011年のNCAA(全米大学体育協会)選手権において、史上4人目となる走幅跳100mの両種目制覇を達成した。走幅跳では2011年世界選手権の銅メダリストであり、100mでは9秒89のアフリカ歴代3位の記録を持つ。

経歴[編集]

2007年アフリカ競技大会に出場し、1走を務めた4×100mリレー決勝で39秒16のジンバブエ新記録を樹立して銅メダルを獲得した[3]

2008年オリンピックの走幅跳に出場すると、予選を8m14(0.0)で突破し、男女通じてジンバブエ初のオリンピック走幅跳のファイナリストとなった。決勝では8m19と予選より記録を伸ばしたが、3位のイブラヒム・カメホ英語版とわずか1cm差の4位で銅メダルを逃した[4]

フロリダ州立大学在籍時に数々のタイトルを活躍した。その中でも特筆すべきものは、2011年NCAA選手権の走幅跳と100mの両種目制覇である。走幅跳では決勝で8m40を記録し、自身が持つジンバブエ記録を更新して優勝した。100mでは決勝で9秒89を記録し、1996年にアト・ボルドンが記録した9秒90を更新するNCAA記録で優勝した[5][注 1]。これによりマクシャは、1925年のウィリアム・デハート・ハバード、1935年と1936年のジェシー・オーエンス、1981年のカール・ルイスに次ぐ、史上4人目となる走幅跳と100mの両種目制覇を達成した[7]。マクシャはこの年、アメリカの最優秀大学生陸上競技選手に与えられるバウワーマン賞英語版の男子選手部門を受賞した[8]

マクシャは2011年NCAA選手権の100mで9秒89を記録したことにより、ナイジェリアオルソジ・ファスバ(自己記録は9秒85)、ナミビアフランク・フレデリクス(9秒86)に次いで、100mアフリカ歴代3位に名を連ねた。なお、マクシャが9秒台を記録したのはこの時が初めてではなく、2011年4月に行われたACC(アトランティック・コースト・カンファレンス)選手権の決勝で9秒97を記録している。これは1990年にFabian Muyabaが記録した10秒15を更新するジンバブエ記録であり[9]、ジンバブエ人が初めて10秒の壁を突破した瞬間だった[10]

2011年世界選手権では100mと走幅跳に出場し、100mでは準決勝で敗退したが、走幅跳では銅メダルを獲得した。これによりマクシャは、男女全ての種目を通じてジンバブエ初の世界選手権メダリストとなった[11]

2012年5月の練習中にアキレス腱を断裂してしまうが、2013年5月に行われたダイヤモンドリーグ第2戦の上海ゴールデングランプリに出場し、約1年ぶりに国際舞台に復帰した[12]

自己ベスト[編集]

種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 9秒89 (+1.3m/s) 2011年6月10日 アメリカ合衆国の旗 デモイン ジンバブエ記録、NCAA記録
200m 21秒57 2006年7月4日 ナミビアの旗 ウィントフック
走幅跳 8m40 (0.0m/s) 2011年6月9日 アメリカ合衆国の旗 デモイン ジンバブエ記録
三段跳 14m90 2006年7月4日 ナミビアの旗 ウィントフック
室内
60m 6秒60 2009年2月27日 アメリカ合衆国の旗 ブラックスバーグ ジンバブエ記録
走幅跳 8m21 2006年7月4日 アメリカ合衆国の旗 ブラックスバーグ ジンバブエ記録

主要大会成績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2006 世界ジュニア選手権 北京 100m 準決勝 10秒84 (-0.5)
走幅跳 12位 7m33 (+0.2)
200m 予選 DNS
2007 アフリカ競技大会 アルジェ 100m 準決勝 10秒56 (0.0)
三段跳 決勝 DNS
4x100mR 3位 39秒16 (1走) ジンバブエ記録
走幅跳 決勝 DNS
2008 オリンピック 北京 走幅跳 4位 8m19 (+0.6) ジンバブエ初のファイナリスト
2011 世界選手権 大邱 100m 準決勝 10秒27 (-0.8)
走幅跳 3位 8m29 (+0.3) 全種目通じジンバブエ初の世界選手権メダリスト
2014 世界室内選手権 ソポト 走幅跳 予選 7m85

注釈[編集]

  1. ^ NCAAやカンファレンスの大会以外では、リチャード・トンプソンが2008年の北京オリンピックで9秒89(0.0m/s)、トラビス・パジェット英語版が2008年の全米オリンピックトライアル英語版で9秒89(+1.6m/s)を記録している[6]

脚注[編集]

  1. ^ アバクモワ 大会新記録で女子槍投げ金メダル獲得、世界陸上”. フランス通信社 (2011年9月2日). 2015年6月16日閲覧。
  2. ^ 海外注目選手 男子”. TBS・世界陸上韓国テグ大会サイト. 2015年6月16日閲覧。
  3. ^ RESULTS - 2013年10月8日閲覧
  4. ^ 18 AUG 2008 General News - IAAF 2013年10月8日閲覧
  5. ^ Makusha breaks college 100-m record - NCAA 2013年10月8日閲覧
  6. ^ Men's Outdoor Track & Field - Collegiate All-Time Top Lists USTFCCCA (PDF, 1.6 MB) 2013年12月14日閲覧
  7. ^ 11 JUN 2011 General News Des Moines, USA - IAAF 2013年10月8日閲覧
  8. ^ Jessica Beard, Ngoni Makusha Win The Bowerman 2011 - The Bowerman 2013年11月16日閲覧
  9. ^ On-fire Makusha lowers 100m record - NewsDay Zimbabwe 2013年10月8日閲覧
  10. ^ 10 JUN 2011 General News - IAAF 2013年10月8日閲覧
  11. ^ 19センチ差で海老原入賞逃す/世界陸上 - 日刊スポーツ 2013年10月8日閲覧
  12. ^ Makusha scoops bronze on return - NewsDay Zimbabwe 2013年10月8日閲覧

外部リンク[編集]

記録
先代:
Fabian Muyaba
(10秒15)
100mジンバブエ記録保持者
(9秒97 - 9秒89)

2011年4月23日 -
次代:
未定
功績
過去:
なし
世界選手権ジンバブエ人メダリスト
(男子走幅跳:銅)

2011 大邱
2人目:
未定
過去:
なし
100m9秒台達成ジンバブエ選手
(9秒97)

2011年4月23日
2人目:
ガブリエル・ムブムブレ
(9秒98)
2013年6月8日
受賞
前年:
アメリカ合衆国の旗 アシュトン・イートン
バワーマン賞(男子)
2011年
次年:
カナダの旗 キャメロン・レビンズ